斎藤一人「必ず成功する例外思考」

「それはね、プレッシャーをかけたほうが、仕事が早く進むと思い込んでいるんだよね。 あるいは、過去にそれでうまくいっていたんだろうね。 だけど俺は、プレッシャーなんてかける必要はないと思っているんだ。 やり方を示してあげればいいだけなんだよ。 […]

斉藤一人さんにとっての“勇気”って何ですか?

この前、質問されたの。 一人さんにとっての“勇気”って何ですか?って。 自分にできないことや、苦手なことに積極果敢に挑んでいく、その心のことを勇気だと思っている人が多いけど、一人さんはどう思いますか?って。 一人さんの答え、オレはこう言った […]

斎藤一人「私も、こういう人間になりたい」

本気で人を導こうと思ったら、相手を変えようとするんじゃなくて、まず自分が幸せになることだよ。 自分が幸せになって、自分が“光”になればいい。 “光”とはなんですか、と言ったとき、明るさではないんだよ。 その人がどう生きているか、っていう「生 […]

斎藤一人ツキを呼ぶセラピー

《人は波動を感知しながら生きている。言葉の波動を口に出して伝達する》 人はそれぞれ波動を出しています。 そして、たがいにその波動をそれとなく感知しながら生きています。 波動には二種類あります。 一つは、考え方から出るムードやふんい気の波動。 […]

運勢を好転させる方法は、たった一つなんだよ。

運勢を好転させる方法は、たった一つなんだよ。 人の幸せに協力すること、これしかないの。 人の幸せに協力すると、運勢って好転してくるんだよ。 人の幸せに協力するって、いろんなことができるよね。 たとえば、自分が誰かの講演を聞きに行ったとする。 […]

こういう答えを出しますけど、神さま、どうでしょう

ともかく、逆境をうらんだりしちゃいけない。 そして、逆境というのは、上にいる、絶対なる人が自分を試そうとしているんだ、と。 そしたら、オレなんかの場合、「神さま、あなたは、オレが泣き言をいうと思ってるかもしれないけど、その手は食いませんよ」 […]

「欠点も長所と見る」眼力

化ける可能性を見抜くのは、眼力(がんりき)の中でもっともハイレベルである。 それには少しコツがある。 何より、欠点と長所は紙一重という考え方がわかっていないといけない。 いまや超一流のアスリートとなった高橋尚子も、フォームが変わっていて、そ […]

魂を向上させる意志を持って

肝心なのは、魂を向上させる意志を持って、 生きたほうがいいということです。 その方が人生は楽しく、幸せなものになるからです。 では、どうやれば魂が向上するでしょうか。 まず、大切なのは、 「否定的なことを言わないこと」 と一人さんは言います […]

スヌーピー経営術

世界中で人気のコミックの一つに、『ピーナッツ』があります。 日本では『スヌーピーとゆかいな仲間たち』というタイトルで新聞で連載されたり、アニメになったりしています。 スヌーピーという名前のビーグル犬とその飼い主、チャーリー・ブラウン、二人の […]

何も売らない商売の秘密

バチカンって何も売ってないんだよ。 キリストが死んでから2000年たつ。 それでも、世界中から人がくるんだよ。 それって、なんでですか?…って言ったとき、キリストの言ったことがステキだったんだよ。 だから、人間、ステキに生きたほうがいいんだ […]

売れない理由

よく、会社の企画会議なんかで「これは売れるぞ」と思って発表すると、ちゃんと数字を見たのかとか、こういう理由で売れないってことをあれこれ言う人がいるでしょ。 私が本を出すときも、やっぱり売れない理由を言ってくる人がいるんだよね。 そうすると、 […]

斎藤一人「俺の人生」

不安な人って結局ね、神様を信じてないんです。 神様がいるんだってことを信じてない。 でも、この宇宙には歴然たる法則というのがあって、人の悪口を言いながら幸せになるとか、不安なことを考えながら幸せになるとか、そんなことはできないようになってる […]

1 2 3 12