斎藤一人「なにやっても不安な人」

誰がなんと言おうと、明らかに世の中はよくなっています。 松下幸之助さんの話ではありませんが、宇宙はちゃんと生成発展している。 たとえば今より少し前、江戸時代のことをちょっと考えてみましょう。 江戸時代は将軍様の家にだって、扇風機なんかありま […]

人生って怖くなくなるもの

信長「人生で怖いと思ったことはありますか?」 一人「ないんだよね。どうしてかと言うとね、俺たちは神様から失敗する権利っていうのを与えられているんだよ。 だから、失敗したっていいし、失敗することは大切なことなんだ。 親とか世間は、失敗させたく […]

斎藤一人「売り言葉に買い言葉」

「売り言葉に買い言葉」と言いますが、いままで、売られた言葉を買ってもロクなことがなかった。 それでも、つい買ってしまうのが「売り言葉」です。 いわれなきこと、不当なことを言われたとき、その「いわれなきこと」「不当なこと」というのは、反論した […]

自分で黙々と努力していると、まわりから助けが出る

《自分で黙々と努力していると、まわりから助けが出る》 「自力(じりき)の後に、他力(たりき)あり」って、私はいつも言っています。 自分の力で一生懸命努力していると、それを見たまわりの人から、助けが出るんです。 そして運も向いてくるんです。 […]

斎藤一人「人手不足って嘘」

「人手不足で困ってます」とか「ウチのような零細企業には、良い人材が集まらない」とか嘆いている社長がいるけど、ちょっとその前に考えてみてください。 人はいるんです。この世に同じ数だけ。 さらにみんな「どこか、いい就職口はないかな?」って探して […]

斎藤一人「人は何度でも生まれ変われる」

人は何度でも生まれ変われる…。 私はそう、思っています。 だから、今世でできないことがあったら、来世でやればいいんです。 でもやっぱり、今世は一度限りです。 そんな一度限りの人生を生きる思いを表したのがこの詩です。 『絶対なる肯定 絶対なる […]

斎藤一人「自分の魂をどうやって成長させるか」

生きていると、いろいろな問題が出てきます。 そして、問題が出てくると、たいてい、人は悩んだり、苦しんだりします。 でも、問題というものは、自分の魂を成長させるためのものなんです。 人間は、自分に起きた問題を利用して魂のステージ、いわゆる「霊 […]

斎藤一人の「勝手に人が育つ」経営の極意

世の中の99%の会社は、借金をしているそうです。 でも、私の会社は今まで一度も借金をしたことがありません。 そこでよく「無借金経営」について聞かれるんだけど、借金している会社が多いから借金が正しい、ってことにはならないんです。 東大の問題で […]

斎藤一人「内面のかっこよさとは?」

スピリチュアルっていうのは「内面のかっこよさ」なんだよね。 芸能界は主に「外面のかっこよさ」を競うけど、これからの時代、それに負けないくらいスピリチュアルもかっこよくないとダメなの。 なぜかっていうと、かっこいいから人はついてくるんだよ。 […]

良いエネルギーの入れ方

人をほめることで、どんどん、よいエネルギーが入ってきます。 裏を返せば、人は、どれほどほめられる機会が少ないか、ということなのかもしれません。 ほめられる機会が少ないからこそ、人は、ほめられるとうれしいんです。 そうやってまた1つ、楽しい波 […]

徳川家康ってね、すっごい慎重だったの。

徳川家康ってね、すっごい慎重だったの。 一回ね、崖みたいなところを通ったことがあって。 で、家康って「馬の名人だ」って言われてたの。 だから、家康はどうやってあそこを渡るんだろう、って、みんな見てたの。 そしたら、馬から降りて、馬の後ろから […]

斎藤一人「ウチの店にはあまりお客さんがこないんです」

この前、ステキな踊りをおどってる人と、偶然、出会いました。 その人はレストランをやってるんだけど、「ウチの店にはあまりお客さんがこないんです」っていうのね。 私は、その人の話を聞いてて、こんなことを思った。 「もしかしたら、そこのレストラン […]

1 2 3 9