「これが本当の自分だ」と思いがち

人はつい、ベストのときの自分の能力を 「これが本当の自分だ」と思いがちである。 もちろん、 優れた自分を考えるのが気持ちがいいからだ。 これはいい。 しかし、ベストのときと比較して、 そこまで達しない自分、劣る自分にいら立ったりするのはやめ […]

なりたい自分になる7つのステップ

検索して、答えが、すぐにわかる。 それゆえ、望みも「すぐに」かなわないと、満足しない。 待てない。 できるだけ、すぐ欲しい。 そうでないと、無意識にイライラしてしまう・・・。 ところが、「すぐにかなわない」ことには、実は、便利なこともある。 […]

もらう心・できる心・あげる心

私は、人間の成長の法則を、誰にでもわかりやすい言葉を使って「3つの心」という形で示しています。 どんな人も、赤子の時代は、誰かに支えてもらい、助けてもらい、与えてもらって、初めて生きてゆくことができます。 私たちは皆、その段階から人生を始め […]

環境のせいにする暇があるなら、環境を変える力を磨け

「こんな会社じゃ、こんな仕事じゃ自分の力を発揮できない。環境が悪い!」 そう愚痴りたくなる気持ちもわかる。 興味のない仕事、ダメな上司、力が発揮しにくい環境、不満は山ほどある。 基本的に環境は悪いのだ。 はっきり言おう。 「どれだけ環境のせ […]

樫の大木は一夜で大木になるわけではありません

自然には常に時間がかかります。 樫の大木は一夜で大木になるわけではありません。 大木になる過程で、多くの葉や枝や皮を失ったりもしているのです。 ダイヤモンドは一週間で出来上がるわけではありません。 宇宙の価値あるもの、美しいもの、威厳あるも […]

子供は成長してゆく

こんなことはないだろうか。 たとえば子供が後かたづけをしようとする。 もちろん、大人や親の目から見たら、 モタモタとまどろっこしい。段取りも悪い。 そこで、つい口を出してしまう。 いや、アドバイスならいい。 そうではなく、 相手の未熟さをな […]

「成長社会」から「成熟社会」へ

「今、時代は大きく動いている」と言われますよね。 それは、具体的にはどういうことでしょうか。 ひとことで言えば、20世紀の「成長社会」から「成熟社会」へと急速に変化しています。 つまり、もはや「成長」の時代は終わったということです。 そして […]

泥かぶら

『泥かぶら』という劇があります。 真山美保さんの作ですが、泥んこのかぶらのような醜い顔ゆえに、村の悪童たちから“泥かぶら”とはやされ、いじめられていた一人の少女が、「仏のように美しい子」へと変わっていったというお話です。 何が、この女の子を […]

【教訓】2人の木こりの話

2人の木こりがいた。 1番目の木こりは満身の力をこめて木を切った。 休憩も昼休みもとらず、できるだけ多く木を切るために全力を注いだ。 朝は誰よりも早く働きはじめ、 夕方は誰よりも遅くまで働き続けた。 他の木こりたちは、 彼があまりにも速く木 […]

萩本欽一「誰かが見てるから、人は頑張れる」

《誰かが見てるから、人は頑張れる》 人間ってね、注目されると輝くんですよ。 たとえば、「どうして私って美人じゃないのかしら?」っていう人がいたら、強引に女優さんの事務所に入れてみるといいね。 それだけでキレイになっちゃうから。 見られると本 […]

「昨日の自分」と「今日の自分」を比べてみて

「昨日の自分」と「今日の自分」を比べてみて、 一歩も進んでいないのなら、 いつ、夢に近づくのでしょうか? それは、明日でしょうか? あさってでしょうか? そうやって努力を1日1日先送りしていると、 「夢」は「幻」のまま一生終えてしまうことに […]

竹が30メートル伸びるのに要した期間は??

竹の種子が地上から目を出すには 長い年月が必要になる。 最初の4年間、目に見える成長はない。 しかし5年目でようやく地上から芽を出すと、 わずか6週間で30メートルくらいにまで伸びる。 専門家によると、竹は最初の4年間で地下茎を張り巡らせ、 […]

1 2