楽観的が良くて、悲観的は悪いのか?

マスコミの情報は、広い意味でのニュースである。 そのニュースとはなんだろうか。 どの辞書にも「ニュースは、新しい、珍しい、悲しい出来事」と説明してある。 よく、マスコミは他人の不幸を飯の種にしていると言われるが、それは、不幸な出来事や悲しい […]

福島正伸「諦めない人になる簡単な方法」

どうして私たちは あきらめてしまうことが あるのでしょうか? それは 私たちはあらかじめ 「あきらめるところ」 を決めてるからなのです。 お金がなくなったら あきらめよう。 今までの経験で対応出来ないことは あきらめよう。 十通りの方法で試 […]

スターバックス「ピンチからの逆転秘話」

ホンダには、仕事に取り組むときに「A00(エーゼロゼロ)は何ですか」と質問する習慣があります。 「A00」とは「基本要件」を示す言葉で、もとは米陸軍の任務指令書から転用されたもの。 ホンダでは、仕事をする際に、 「この仕事の狙いは、ひと言で […]

2人の働く人「仕事の効率化」

二人の木こりがいた。 一番目の木こりは満身の力をこめて木を切った。 休憩も昼休みもとらず、できるだけ多くの木を切るために全力を注いだ。 朝は誰よりも早く働き始め、夕方は誰よりも遅くまで働き続けた。 他の木こりたちは、彼があまりにも早く木を切 […]

デール・カーネギー「H・Gウエルズが名作を作った理由」

ロンドン郊外で、バーティ・ウエルズという小さな男の子を年上の子供が抱き上げて放り上げたが、落ちてくるのを受け損なって、バーティは片足を折ってしまった。 何ヶ月というもの、バーティは足に重しをつけられてベッドで苦しんだが、結局うまく接合しない […]

2つの種のストーリー

花の種が春を前にしていた。 冬の間、土の中でたっぷりと水を吸い、暖かくなってきたため、いまにも土へ芽を出そうとしていた。 一粒の種が、 「さあ、待ちに待った春がやってきたわ。 私これから地上にでるわ。 それにはまず、根を思い切り深く張るわ。 […]

矢沢永吉「有名人の泣ける話」

矢沢永吉がある年の全国ツアーを行なった際、そのツアーを取り仕切るイベンターに対して、ひとつだけ条件を出した。 「ツアーのためならヤザワ、なんでもやるよ。 ただ、ライブの後に必ずシャワーを浴びられるようにしてくれよ」 矢沢はライブで完全燃焼す […]

萩本欽一「演技なんかより性格を磨いたほうがいいよ」

僕のところから出て、何かをつかんだ子というのはみんな、受け取り方、つまり気持ちの持ち方がいいの。 だからやっぱりすべては性格だよ。 オーディションではみんなうまく演技して、何とか受かろうとする。 そこは一生懸命努力したやつが受かるの。 だけ […]

ソニー・ボノ「運をつかむ人 16の習慣」

ソニー・ボノは可能な限り「変化」と「機会」に触れる努力をした人の好例だ。 60年代に、当時は無名だったシェール(歌手であり女優。アカデミー主演賞受賞)とデュエットを組み、歌手として成功したとき、彼の歌がうまいと言った人も、パフォーマンスがか […]

本田直之「ガイドに頼らず、自分で探してみてほしい」

ガイドブックが紹介する場所は、誰かにとって都合のいいところだ。 観光客だらけのレストランは全然うまくない。 少なくとも地元の人は行かない。 旅と人生はよく似ている。 ツアー的な生き方をする人間は、みんなが行くところに行きたがる。 会社選びも […]

イジドール・イザーク・ラービ「物理学での成功の秘訣」

誰かと会うときは、相手への質問を準備しよう。 質問を準備するのは、相手への好奇心を高めることでもある。 せっかくの会話の時間に“相手から聞きたいことが一つもない”という状態は避けなければならない。 たいていの人は、これと逆のことをする。 質 […]

1 45 46 47 48 49 51