お金持ちになる人ならない人の理由

おそれにはどう対処すべきだろうか。 本を読んでもどうにもならない。読む本が本書であっても、だ。 私にできることは、こういう問題があるよと警告し、対策を提案するところまでだからだ。 だが経営者の私としては、こう伝えたい。 おそれは、行動に移す […]

失敗するメリット

失敗によって土壇場まで追い詰められた人間は、恐怖心を払拭し、別の方向へと進み出すことができるようになる。 結局失敗は、それまでもっていた目標や、その目標を達成するための計画が誤りだったことを示しているにすぎない。 それまでただ習慣で歩いてい […]

ものごとがうまくいくのは、かならず理由があります。

ものごとがうまくいくのは、かならず理由があります。 自分の成功体験を分析すると、 「ひょっとしてこれが原因じゃないのかな」 と思うヒントがいくつか浮かんできます。 分析してみると、いくつか理由を挙げることができます。 仕事の場合だったら得意 […]

誰でも成功と失敗を繰り返している

弱気になっているときは、誰でも自分の人生は 失敗だらけだったと考えがちです。 誰でも成功と失敗を繰り返している。 でもすぐに忘れてそのときの気分に従ってしまう。 落ち込んでいるときには失敗がクローズアップされ、 うまくいっているときには成功 […]

成功者は◯◯が低い

私は現在の仕事(人生哲学)を始めてから、幾人ものスーパー成功者に会う機会を得ましたが、彼らに一様に共通するのは、「腰が低い」という点でした。 これは昔からいわれている古いことわざ「実れば実るほど稲穂は頭をたれる」に示されるとおり、今更こと新 […]

なぜ賢いお金持ちに「短気」が多いのか?

ある知り合いのお金持ちは、東京から静岡県の浜松に講演に向かう途中、新幹線が車両トラブルに見舞われ、新横浜で運転見合わせとなってしまいました。 「復旧のめどが立たない」というアナウンスを聞いた彼は、すぐさま新幹線から降りて駅前のタクシーに飛び […]

堀江貴文「バカは小利口に勝る」

「バカは小利口に勝る」 いくつものワクワクするプロジェクトを動かすためには、人についていく小利口ではなく、手を挙げるバカにならなくてはいけない。 僕はこれまで、空気なんて読まず、クラスの中で真っ先に「はい!」「はい!」と手を挙げるような人生 […]

「出る杭」は伸ばせ

この国は、ついに人々の「働き方」についても、政府主導で変革を迫らねばならない国になり果てた。 内閣官房に「働き方改革実現推進室」が設置され、安倍晋三首相を議長に、閣僚8人と民間人15人を構成メンバーにした「働き方改革実会議」も発足したという […]

お金に嫌われる人

ただでさえお金持ちは忙しいのに、その上嫌いな人間関係で頭を悩ませていては時間がいくらあっても足りない。 というより、せっかく平穏に終わるはずの日も、たった1人の嫌いな人間の存在で台無しになってしまうのだから、当然だろう。 嫌いな人を自分の人 […]

斎藤一人「品をあげる人がやっていること」

「品がある人」って、見た目がいいだけじゃなくて、中身もすごくいいんです。 ただキレイなだけなら「品がある」とはいえないんだよね。 顔や姿がキレイでもイジワルだったり、性格が悪い人っているんです。 じゃあ、その「品がある」って何かっていうと、 […]

失敗は必ずしも必要か?

成功と失敗の2色に色分けされた地図のどちらかだけに位置する人生なんてあるだろうか。 初めは成功と思われていたことが、後になって失敗だったとわかるときもある。 昇進するのが早すぎて競争から脱落する。 解雇されてしかたなく始めた事業が成功する。 […]

大金持ちになるのは例外なく才能がある?

多くの人が、大金持ちになるのは例外なく才能があり、勤勉で、社会的生産性の高い人たちだと主張する。 だが、それは言いすぎではないだろうか。 口パクの男性アイドルグループや、世界経済をめちゃくちゃにしながら大金を稼いだデリバティブのトレーダーの […]

1 2 3 45