インドでは恩を「クリタジュナ」と言う

あなたが産まれたとき、ご両親もはじめて親になります。 あなたが3歳なら、親御さんも親としてはまだ3歳。 あなたが成人してはじめて、親御さんもあなたの親として成人する、ということです。 自分を産み育ててくれた親も、縁起からするとあなたと同じ年 […]

よい遺伝子を目覚めさせる

よい遺伝子を目覚めさせるために実行できることには、次の六つが考えられます。 1. どんなときも明るく前向きに考える 2. 思い切っていまの環境を変えてみる 3. 人との出会い、機会との遭遇を大切にする 4. 感動する 5. 感謝する 6.  […]

感謝することは何ですか?

いまこれを読む人たちの中に、「わたしなど、感謝することは一つもない」と言いたい人があるかも知れない。 試みにたずねてみよう…。 「あなたは、いま飢(う)えていられますか。あなたは、いまはだかですか」 あなたは、どうして今日たべた食物のために […]

「感謝」で思考は現実になる

人間の脳は、幻想と現実の区別がついていないから、「こうだったらいやだなあ」「こうだといいな」などの思考の中から、できるだけたくさん考えていることを選んで、現実にしようとする。 私たちが見ているのは現実の本当の姿ではない。 過去の怒りや恐怖が […]

感謝の気持ちがカラダに与えるチカラ

感謝の気持ちは、心、からだ、社会に、数え切れないほどの恩恵をもたらします。 近年の多くの研究によって、健康や幸福への効果が確認されています。 それらの臨床試験、実験、大規模なアンケートからは、ありがとうの習慣はあきらかに効果をもたらし、しか […]

なんでもしてもらうことが当たり前で当然なんだ

私たち人間の親子というのは、親が子供に対して何かをしてあげるときに、見返りや報酬がなくてもしてあげますね。 それが親子というものですね。 親は、見返りや報酬を一切期待しないで、自分の子供であったら、いくらでもしてあげます。 でも、この子供が […]

中谷彰宏 だまされて「ありがとう」

許すのは、エネルギーを使います。 何かしてもらって「ありがとう」は、まだいいのです。 だまされて「ありがとう」です。 マイナスのことをされているのに「ありがとう」です。 マイナスからゼロ、ゼロからプラスに持っていくから、エネルギーが必要にな […]

中川一政語録

《中川一政語録》 ●愚かなる者、汝(なんじ)の足元を掘れ、そこには大いなる泉が湧き出す。 ●生きていなければ駄目だ。水の如くたえず勉強していなくてはだめだ。 水の流れる如くたえず勉強していなくてはだめだ。 ●今打った手がいまに効いて来る。 […]

人は他人に無責任な2つの言葉を用意しています。

人は他人に無責任な2つの言葉を用意しています。 たとえば、なにかに懸命に取り組んでいる人に対して、 「彼は脇目も振らず、集中力のある人だ」 「彼は視野が狭い人だ。もっと広い視野を持たせなくては」 と、2つの言い方があります。 同じように、 […]

金平敬之助「ひと言の奇跡」

Mさんが、フィレンツェでの経験を話した。 労働許可証の再発行に行った。 一度目は長時間待たされた。 挙げ句に、「書類不足」で追い返された。 なら、提出時に指摘してくれたら…。 でも、ここはイタリアとあきらめた。 二度目にでかけてやっと許可証 […]

小林正観「そ・わ・か」の法則

神が好む人間の行為ベスト・スリーは、「掃除」「笑い」「感謝」であるらしいというのが、「そ・わ・か」の法則です。 神は掃除をする人が好き、笑顔や笑い声が好き、感謝する人が好き、らしいのです。 「掃除」と「感謝」は、いわゆる善行として、過去に他 […]

「うぬぼれ」には気をつけろ。

「自信」は大事だが、「うぬぼれ」には気をつけろ。 私は自分の経験から、人が他人の成功を願うのは、 一定の限界があることを学んだ。 その限界を超えると、今度はみなその人が失敗することを積極的に願うようになる。 大切なのは、 「自信」と「うぬぼ […]

1 2 3 5