恐怖のとりこに陥ったとき

≪恐怖のとりこに陥ったとき≫ 恐怖の大半は「自分」が作り出している。 「もし、こうなったら」「このままだったら」 人は現実を突きつけられたら、自分でも驚くほどの力を出して挑む。 恐れの感情とは、まだ起きてもいないことをどんどん肥大化させてい […]

仲間の間でけっして感情をむき出しにしないこと

仲間の間でけっして感情をむき出しにしないこと。 たとえ意地悪をされたり怒らされたりしても、そこで興奮してはならない。 どんなに大声で怒りを爆発させたくとも、完全に冷静を保ちなさい。 「冷たい刃ほど切れる」のだから、必ず論争に勝てるはずである […]

「氣」は目には見えません

「氣」は目には見えませんが、人間が生きていくうえで無視できない大事な存在です。 「氣」は生命の原動力であり、活力の源泉とも呼ぶべき大きな力を秘めています。 私は長年、掃除活動に携わってきました。 一見、それほど汚れていないような場所でも、い […]

人間の気持ちは絶えず変化しています

人間の気持ちは絶えず変化しています。 しかし、目に見えるような形ではっきりと変わるということはそうありません。 変化がないかと毎日毎日見ているから、 かえって変化に気づかないっていうことだって あるんじゃないでしょうか。 僕には子どもがいる […]

喜怒哀楽の感情を自分できちんとコントロールする方法

自分の心を修めるとはすなわち、喜怒哀楽の感情を自分できちんとコントロールできるようになることです。 人間社会で起こるトラブル、人との間に起こるトラブルとは、つまるところ、自分の喜怒哀楽の感情を修められていないことにあると言っていいでしょう。 […]

人間の「好き」と「嫌い」についての研究

私は、40年以上、人間関係の心理学、特に人間の「好き」と「嫌い」について研究してきました。 欧米の心理学の成果をベースにしながら、日本独自の人間関係について実証的な研究を重ねてきました。 そして、「対人心理学」という新たな分野も開発してきま […]

原監督の“怒りスイッチ”は「裏切った時」

原監督の“怒りスイッチ”は「裏切った時」だという。 青学大の校風は文武両道。 選手は「勉強も練習も頑張ります」として入部したにもかかわらず「練習についていけずに早々に辞めたいなどと言われると、まだ何も努力していないじゃないか、あの約束は何だ […]

「やさしさ」を逆手にとってくる人

私のファンの人たちは、とても「やさしい人」が多いです。 やさしいことは、とてもいいことです。 だから、「やさしさ」は、この先も、ぜひなくさずに持ち続けてください。 ところが、世の中には、この「やさしさ」を逆手にとってくる人がいます。 巧妙な […]

笑門来福

「笑門来福」・・・。 あなたは、これまで人と笑顔で接してきましたか? チャンスは笑顔の人に、やってくるのです。 顔が貧乏くさい人には、幸運のはなかなか近づいてきません。 できる男は「福相」で、できない男は「貧相」です。 「怒りっぽい」「感情 […]

斎藤一人「人間には、人間の情があるんです。」

人間には、人間の情があるんです。 それを、人情と言うんだけど、人情味がなくなったら終わりなの。 じゃあ、人情って何ですかって、人に好かれるような人は、人情があふれてるの。 逆に、人に嫌われるような人間には、人情がないんです。 いばってる人、 […]

1 2 3 16