ありのままの自分を愛してあげよう

人間関係も、出来事も、みんな見る方向、見る距離、見るときによって、千差万別の様相を呈します。 その意味では、あなたはあなたの目だけを信じてはいけません。 あなたの目はいくらたしかだと思えても、 あなたの目から見えるのとはまた別の姿があること […]

松下幸之助「人間としての正しい生き方」

昔から十人十色といわれるように、人にはそれぞれ、 みな違った持ち味、特質をもって生まれついています。 性格にしても、素質や才能にしても、 自分と同じという人は地球上に1人もいないのです。 そして、そのように、異なった持ち味、特質が与えられて […]

アドラー心理学「相手から取ろうとする」

アドラーによると、人に好かれる人には、共通してみられる特徴がある。 それは、相手から何かを「とろう」とするのではなく、むしろ自分から相手に何かを「与えよう」とするのである。 知り合いの誕生日には贈り物をし、お中元、お歳暮も欠かさない人がいる […]

生きがいとは何か

若い人の特権のように考えられている「愛」も、 実は、年老いた人にこそより重要なものであって、 老いた人こそ、 愛するものを持ち、 愛されて生きることが必要なのだ。 もちろん、その愛は激しく燃え上がる愛ではないだろう。 むしろ、相手をそして自 […]

愛をこめて生きる「大きな幸せ」

人間の一生の間に、大きな幸せと呼べるものは、 数える程しかないものだ。 結婚式当日の2人の幸せは輝くばかりのものだろうが、 その後に続く日々は決してその連続ではなく、 平々凡々たるものだろう。 その中で幸せになるということは、 小さくてもい […]

差し出された愛は本物である

こんな実験をしてみよう。 一週間、一ヶ月、 あなたに差し出された愛は本物であると考える。 それが言葉であれ行動であれ、 あなたの戸口に置かれた贈り物について、 疑問を発したり、分析しないようにする。 誰かがあなたに何か親切なことを言ったりし […]

「愛があるから…」だけでは伝わらない

例えば、自分は親しさを示すつもりで、 相手に、 「今日は何してた?」と聞いても、 相手には、そうは思えず、 「そこまで話す義務はない」とか 「なんでそんなこといちいち聞くんだ」などと、 思うこともあり得ます。 それは、コミュニケーションの出 […]

相手への攻撃

あなたが攻撃すれば、相手の反応は、 「黙って従う、逃げる、反撃する」 のいずれかです。 それは、人間のメカニズムとして 脳幹に備わっている機能です。 いずれにしても、こんな状態になっているときに話し合おうと思っても無駄です。 だから、脳幹に […]

それには「愛」があるか?

自分が現在やっていることや、話している言葉に「愛」があるかどうかと考えてみるといいよね。 わがままで、嫌われてしまうのは、やっていることや使っている言葉に「愛」がないからなんだよ。 あなたの言動に愛があるか、ないかの違いなの。 わかるかな? […]

愛と癒しのコミュニオン

しっかりと認識しなければならないのは、 「人は、心にゆとりがないと聞くことはできない」 という事実だ。  大事な考え、あなたにとって大切なこと、 特に価値観を伝えようとする時は、 相手が受け入れられる状態かどうかを見極めて、 もし相手が余裕 […]

人生思い通りになったら

苦しいこと、つらいこと、いやなことがまったくなく、 人生を思いどおりにすごすことができたら、 さぞかし幸せだろうな、と私たちは思うときがあります。 ところが、そんな人生を送れる人は一人もいません。 とくに親は、わが子にそんな人生を歩んでほし […]

みんなが誰かを愛してる

メアリーは5歳の患者。 台車に載せた彼女を、MRI(磁気共鳴装置)の検査室に運びながら、この子はいまどんな思いでいるのだろうと思った。 メアリーは卒中で倒れて半身不随となり、脳腫瘍の治療のために病院生活を送ってきた。 そのうえ、最近父親を、 […]

1 2 3 7