心のぜい肉のとり方

年をとると新陳代謝が衰えて、イヤでも体に脂肪がついてくるが、心のぜい肉にも同じことがいえる。 年齢やキャリアを重ねるにつれて、お金の次は地位、さらには名誉などと欲望をしだいに太らせていく人がいる。 大学の先生をしている知人が彼の同僚を評して […]

やっぱり忘れてしまった

「これだけは忘れてはならない」と自分に言い聞かせたのに、 やっぱり忘れてしまった、という経験はありませんか? 心は「忘れる」という行為から遠ざかることはできません。 「覚えておく」という行為に近づくことはできるけれど、 そのためには「これを […]

自分のいいところ

自分の「いいところ」は、 他人に認めてもらう必要はない。 自分が心の中で認めればそれでいいのであって、 わざわざ他人に証明する必要はないのだ。 他人に自分のよさを証明しようとすると、 どうしてもムリが出てきて、 自然体でいることができない。 […]

不思議なくらい心が強くなるヒント

「私は若くないから」 「私は学歴がないから」 「私はお金がないから」 言い訳するのは、とてもやさしい。 自分にとって都合のいい理由を見つければ、 行動しなくても許された気分になれる。 いったん、うまい屁理屈を見つけると、 彼らは将来もずっと […]

人間の行動は、心によって大きく左右される。

人間の行動は、心によって大きく左右される。 新車を購入しようとディーラーに足を運んでも、販売員がなかなか出てこないで、散々待たされたあげく、無愛想な表情で応対されたら、購買意欲も薄らいでしまう。 逆に、それほど買う気持ちはなくても、接客して […]

心が楽になる言葉

「すべてはよくなる」。 この言葉は「困ったことは起こらない」より積極的な響きをもっています。 では、「因果の法則」と言霊はどのように関係しているのでしょうか。 こんな疑問が浮かびます。 もし、悪いことをしていたなら、いくらよい言葉を使っても […]

心の動揺を人生に活かすために

心に動揺があると自己実現はそう簡単に達成されません。 追い立てられる気がして自滅的な行為をしたり、 暇になることを避けたいために脅迫観念を抱いたり、 衝動的になったり、パニックになるかもしれません。 動揺することは実際、興奮をかき立てます。 […]

平穏無事

人はみな、できれば平穏無事に暮らしたいと願っている。 面倒を避けたい、悪いことは起こってほしくない、 苦しいこともしたくない、危険な思いもしたくない、 といった感じだ。 だったら鳥カゴの中の鳥を思い出していただきたい。 鳥カゴで飼われている […]

デキる人たちの仲間に入る

古川さんには、10名の部下がいますが、成績がよくなくても、けっして怒ったりけなしたりしないそうです。とにかく褒める。 でも、根拠なく、ばく然と褒めても心にはひびきません。 部下が営業から戻ってくると、「今日もダメでした~。4万円しかできなく […]

心の弾力性を高めるためには必須の要素

好奇心は、心の弾力性を高めるためには必須の要素だ。 理由は簡単、あなたが状況にうまく適応しようとするならば、まず最初に状況をしっかりと把握することが必要になるからだ。 そして好奇心は、心が開いていなくては発揮されない。 心が開く、ということ […]

「喜び」はすべてをよい方向へ動かす

「喜び」はすべてをよい方向へ動かします。 これを強く主張したのが、江戸時代の神道家で、1850年に70歳で亡くなった黒住宗忠です。 彼は修行がようやく実を結ぼうとしたところ、7日間の間に両親を失い、しかも結核になってしまいました。 医師も見 […]

精神を鍛えるのは、身体を鍛えると同じ

1日だけポジティブになったところで、 何も変わらない。 精神を鍛えるのは、身体を鍛えると同じ。 腕立て伏せを20回やったあと、 大急ぎで自分の身体を鏡に映しても、 ほとんど違いはわからない。 ポジティブシンキングの場合も、 24時間くらいで […]

1 2 3