プロブレムトーク vs ソリューショントーク

プロブレムトークというのは、たとえば、 やりたいけれどできなかったことについて話すとき、 「なぜ、うまくいかなかったのか?」 「なぜ、できなかったか?」に焦点を当てて質問することです。 すると、相手は、できなかった、できないという気持ちが大 […]

「叱る」と「怒る」の違い

基本的には、叱るというのは、 それをいうには自分にもリスクがあるけれども、 相手の成長のために、リスクを越えて、 相手にネガティブなことを直言するということです。 ですからスタンスは「For You」(あなたのために)です。 一方、怒るとい […]

時間を例にとった気配りとは?

お客様のリクエストに対し、何でも「ただいま」とすぐにご用意できるものばかりではないですよね。 実際にお客様をお待たせしなくてはいけないときは、お相手に必ず時間を提示します。 ここでも「少々お待ちください」は使いません。 「ただいまお持ちしま […]

ドラえもんに学ぶ『三日坊主の直し方』

まず手軽にできる方法が、「こまめに休憩をとる」ことです。 同じ作業を続ける場合、こまめに休憩をとれば気分転換をして仕事に臨むことができます。 また、シンプルですが「別の仕事を与える」のもひとつの方法でしょう。 たとえば、 ・1日1教科を6時 […]

世間の目を気にしすぎてませんか??

とかく人は世間の目を気にしがちである。 だが、あなたの言う 「世間」とは、いったい何人の人たちのことなのか。 あなたを知っている何十人か、 何百人かの人たちのために、 自分の生き方を変えるなんてバカらしいではないか。 世間の目ばかり気にして […]

人からの評価を気にし過ぎな人へ

自分のことをネガティブに評価している人の中には、 他人から評価されようと、自分のことは後回しにして、 人の要求ばかり満たそうとする人もいます。 他人からポジティブな評価をしてもらうことで、 「安心」を得ようとしているのです。 これを続けてい […]

感情的になった時の対処法

あなたが攻撃すれば、相手の反応は、 「黙って従う、逃げる、反撃する」 のいずれかです。 それは、人間のメカニズムとして 脳幹に備わっている機能です。 いずれにしても、こんな状態になっているときに話し合おうと思っても無駄です。 だから、脳幹に […]

悩みがあるということは、成長できる証拠といえる

不景気になると悩む人が増えるものです。 生きる糧に影響し始めるからでしょうか。 景気の良い時も、人は悩んでいました。 景気が良ければ、生きる糧はアタリマエで心配しないのでしょうが、その時は男女の痴情や他人との外観の比較で悩んでいるものです。 […]

ネガティブ感情ゼロは、長所とは呼べない

ポジティブな感情だけでなく、ネガティブな感情だって、人類が生き延び、繁栄していくために大切な感情だ。 ネガティブな感情がなければ、危機を察知したり、警戒心を持ったりして自分や愛する人を守ったり、いざというときに集中して問題に対処したりするこ […]

勝利の喜びより、勝利に至ったプロセスを大切に

子どもの頃から人一倍負けず嫌いでした。 勝負に負けて、悔しさのあまり泣いて帰ってきたことも度々ありました。 基本的には今も負けず嫌いの性分は変わっていないし、勝負する者にとって大事なことだと思います。 プロである以上、勝たなくてはいけません […]

「太鼓持ち」や「愛嬌」は、何ともリアルな武器である

どんな業種であれ、どんな組織・団体であれ、ポンポンと上に駆け上がる人間には、みな「共通点」がある。 それは「すべからく太鼓持ちである」ということだ。 「太鼓持ちだなんて、そんな男芸者みたいな真似ができるか!」 「男がペコペコ頭なんて下げられ […]

相手の喜怒哀楽は自分を映す鏡のようなもの

あなたのまわりにいる人が あなたのことを、すべて教えてくれます 相手が笑顔になれば 自分が笑顔で接していることがわかります 相手が怒っていれば 自分の言動に問題があったことがわかります まわりの人が喜べば あなたはまわりに喜びを与えたことが […]

1 6 7 8 9 10 11