スティーブ・コーエンから学ぶ心理術

「ただの主婦だから」とか「ただの店員にすぎないから」 などと考えてはいけません。 あなたは「ただの」何かなどではないのです。 自分自身を信じれば、毅然とした態度がとれるようになります。 人はあなたの態度を観察して、あなたが自分に自信を持ち、 […]

誰でも成功と失敗を繰り返している

弱気になっているときは、誰でも自分の人生は 失敗だらけだったと考えがちです。 誰でも成功と失敗を繰り返している。 でもすぐに忘れてそのときの気分に従ってしまう。 落ち込んでいるときには失敗がクローズアップされ、 うまくいっているときには成功 […]

新しいことをする時、損をしたくない心理

ウーバーやリフトは便利なサービスですが、日本では規制があってサービスができません。 いわゆる「白タク」扱いになっているからです。 おそらく、タクシー業界の反対などがあって、規制緩和ができないのでしょう。 「得をしたい」という一般大衆の声より […]

優柔不断を治したい

人間はいきなりドラスティック(抜本的)に変わることはできません。 優柔不断な人が、ある日を境に急に決断力のある人に変わることはありません。 常日頃から決断をする練習を積み重ねていくことによって、優柔不断というレッテルを剥がすことができる。 […]

とある学校の実験

ある学校の校長は、同等の指導力を持つ二人の教師を別々に呼んで話をした。 一方の教師には「今年は優秀なクラスを受け持ってもらう。子どもたちは競争意識が強くて学習意欲が高いので、みずから進んで勉強するはずだ」と言った。 もう片方の教師には、「残 […]

苫米地英人「幸せとは何か」

多くの人は「何らかの結果」について「幸せ」か「不幸せ」かを判断しているようです。 ですが、結果というのは「結果論」という言葉もあるように、あとからつけられたものであり、誰も事前に予測することができませんし、コントロールもできないものです。 […]

喜怒哀楽の感情を自分できちんとコントロールする方法

自分の心を修めるとはすなわち、喜怒哀楽の感情を自分できちんとコントロールできるようになることです。 人間社会で起こるトラブル、人との間に起こるトラブルとは、つまるところ、自分の喜怒哀楽の感情を修められていないことにあると言っていいでしょう。 […]

科学的に元気になる方法集めました

《別に楽しいことがないときでも「フェイク・スマイル」で笑顔をつくるとストレスが軽減されて気分がよくなる》(クラフト、プレイスマンらの研究) 人生は良いことばかりではありません。 なんだか最近、元気がないなぁ…。 ついてないなぁ…。 腹が立つ […]

人間の「好き」と「嫌い」についての研究

私は、40年以上、人間関係の心理学、特に人間の「好き」と「嫌い」について研究してきました。 欧米の心理学の成果をベースにしながら、日本独自の人間関係について実証的な研究を重ねてきました。 そして、「対人心理学」という新たな分野も開発してきま […]

過去にくよくよこだわるな

大切なのは、心が落ち着いているときが いちばん自分らしくてベストな状態だと信じることだ。 そのような精神状態のときは知恵がみなぎり、 変化にも敏感に対応できる。 バランスのとれた状態からズレてしまうと、 自分に自信がなくなり、 動揺したり、 […]

一生ボケない脳をつくる

「記憶力」には、「モノを覚える力=記憶する(インプット)力」だけでなく、「モノを思い出す力=記憶を引き出す(アウトプット)力」があります。 この「記憶を引き出す力」、脳のどこかにしまわれた記憶を引っ張り出してくる「インデックス(検索)機能」 […]

1 2 3 6