ありのままの自分を愛してあげよう

人間関係も、出来事も、みんな見る方向、見る距離、見るときによって、千差万別の様相を呈します。 その意味では、あなたはあなたの目だけを信じてはいけません。 あなたの目はいくらたしかだと思えても、 あなたの目から見えるのとはまた別の姿があること […]

誰かを傷つけることと自分が傷つくこと

誰かを傷つけることと自分が傷つくことって、 実は表裏一体のこと、同じ心の状態が作り出す 裏表のようなのです。 簡単にいってしまえば、傷つきやすい心は、 ひょっとしたときに 誰かを傷つけてしまいがちな心でもあるのです。 なぜかといえば、傷つき […]

心はパラシュートのようなものです。

講演会が終わったあとで、私はノートに1枚のメモがはさまれているのを発見した。 それにはこう書いてあった。 「心はパラシュートのようなものです。 開かれなければ、役に立ちません」 私がいつも 「新しいアイデアに心を開きましょう」 と言っている […]

不機嫌は罪である

現代は、インターネットという、誰でもいつでも不機嫌をまきちらせてしまえるツールが誕生し、「他人の不機嫌には傷つきやすいのに、自分の不機嫌は無意識に発散させてしまう」人が増えている時代です。 不機嫌を人にさらしている状態は、いわば「裸の王様」 […]

消費は0.2秒で起こる!

消費者がモノやサービスを購入するときの脳の働きに着目した心理プロセスが「オヤ? ふむふむ なるほど! の法則」です。 この法則を活用すると、お客さまの心の扉が自然と開き、脳が「快」になり、「ふむふむ」と検討して「なるほど!」と納得したら、買 […]

エマソン運命を味方にする人生論

《愚かな首尾一貫は小さな心が生み出すおばけで、小心の政治家や哲学者や聖職者の崇拝するものだ。 首尾一貫など、偉大な魂にはまったくかかわりないのだ。》 わたしがこの言葉を最初に知ったのは、大学院1年のときでした。 アメリカのボストン大学のパテ […]

「違っているのは悪いことだ」と思い込んでいる人

「違いをわかる」ことが、私たち日本人の課題なのかもしれません。 「違っているのは悪いことだ」と思い込んでいる人の、何と多いことでしょうか。 いじめの問題の根っこにあるのは、まさに、このような思い込みでしょう。 ではなぜ、自分とは違うことを認 […]

状況がよくなることを期待しながら一生を過ごす

多くの人は、 状況がよくなることを期待しながら一生を過ごしています。 すべてがもっと楽になればいいのに、と思っているのです。 ある日、魔法の杖が降ってきて、 何もかもうまくいくとでも、思っているらしい。 でもそうは問屋が卸さないのです。 ま […]

やっぱり忘れてしまった

「これだけは忘れてはならない」と自分に言い聞かせたのに、 やっぱり忘れてしまった、という経験はありませんか? 心は「忘れる」という行為から遠ざかることはできません。 「覚えておく」という行為に近づくことはできるけれど、 そのためには「これを […]

介護でも「返報性の法則」は存在します。

以前、私はある病院で認知症専門外来をやっていました。 この外来は、通称「もの忘れ外来」と呼ばれているところで「最近、もの忘れが進んできたのですが」という方が来られるほか、認知症患者の介護をしている家族も相談に訪れます。 介護に抵抗したり、興 […]

野村忠宏「悪いことばかり考えてしまう」対処法

柔道で五輪金メダル三連覇をなしとげた柔道の野村忠宏さんと対談をしたことがあります。 彼は一般の印象とは違って、自分は心配性でひじょうに気が小さいところがありますと話されていました。 「もう悪いことばかり考えてしまう」と言っていました。 世界 […]

愛をこめて生きる「大きな幸せ」

人間の一生の間に、大きな幸せと呼べるものは、 数える程しかないものだ。 結婚式当日の2人の幸せは輝くばかりのものだろうが、 その後に続く日々は決してその連続ではなく、 平々凡々たるものだろう。 その中で幸せになるということは、 小さくてもい […]

1 2 3 11