誰かを傷つけることと自分が傷つくこと

誰かを傷つけることと自分が傷つくことって、 実は表裏一体のこと、同じ心の状態が作り出す 裏表のようなのです。 簡単にいってしまえば、傷つきやすい心は、 ひょっとしたときに 誰かを傷つけてしまいがちな心でもあるのです。 なぜかといえば、傷つき […]

アドラー心理学「相手から取ろうとする」

アドラーによると、人に好かれる人には、共通してみられる特徴がある。 それは、相手から何かを「とろう」とするのではなく、むしろ自分から相手に何かを「与えよう」とするのである。 知り合いの誕生日には贈り物をし、お中元、お歳暮も欠かさない人がいる […]

誰でも成功と失敗を繰り返している。

弱気になっているときは、 誰でも自分の人生は失敗だらけだったと考えがちです。 誰でも成功と失敗を繰り返している。 でもすぐに忘れてそのときの気分に従ってしまう。 落ち込んでいるときには失敗がクローズアップされ、 うまくいっているときには成功 […]

「自分を変えたい」人の心理学

プロの自覚というのは、持つか持たないか、 ただそれだけのことです。 サラリーマンでもOLでも、 自分をプロだと思えば1つ1つの仕事に責任感と緻密さが生まれますが、 「たかがコピーを取るだけの仕事だ」とか 「こんなの誰がやっても結果は同じだ」 […]

ナイチンゲール「今ここから」

毎日毎日を義務的に過ごし、 人生に感謝するより、批判するのを好む人間が多いのは、 何とつまらないことだろう。 けれども大半の人間は、 まさにこうした人生を送っているのである。 人生はわずかしかないのに、 いつまでも、時間があると思ってるのだ […]

自分の感情を受け入れるには

人生には、満足したり、幸せな気分になったり、 心を安らかになることもたくさんありますが、 イライラしたり、腹が立ったり、落ち込んだり、 怖くなることもいくらでもあるのです。 それらも、人間の感情の一部です。 それに目をつぶれば、 人生の半分 […]

対立は何を示すのか?

対立するのは、どちらかが正しくて、 どちらかが間違っているからではなく、 双方が自分の価値観に従って生きているからです。 いわば、どちらも「理想を追い求める人」なのです。 意見の違いだけに目を向けていては、対立は解消できませんが、 意見の違 […]

医師が語る「人間の幸せも不幸も◯◯性」

「運」は、人生を明るくも暗くもします。 その運はじつは偶然、外からやってくるというより、自分でつかみ取り、選び取るものだとしたら、いままで自分の「不運」を嘆いてばかりいた人は、大切な何かを見失っていただけとも言えます。 長らく、精神医学や精 […]

喜怒哀楽の心理学

人間の感情は、喜怒哀楽から成っている。 喜びも悲しみも、決して、 単独で存在しているのではない。 感情が豊かになるということは、 いつも楽しく生きるということではない。 怒りも悲しみもしっかり感じられるようになることを意味する。 だから、悲 […]

もう元には戻らない

やってしまったことや、起こったことは、 もう元には戻らない。 頭ではそれがよくわかっていても、 いざ、失態をやらかすと、 どうしてもくよくよ考えてしまう癖がわたしたちにはある。 起こったことをくよくよしてもはじまらない。 とにかく、受け入れ […]

逆境の心理学

お金がなくてもなんとかなるさ。 人前で恥をかいたってなんとかなるさ。 上司にしかられたってなんとかなるさ。 事業にしっぱいしたってなんとかなるさ。 人に裏切られたってなんとかなるさ。 失恋したってなんとかなるさ。 仕事を首になったってなんと […]

あなたは「ただの」何かなどではない

「ただの主婦だから」とか「ただの店員にすぎないから」 などと考えてはいけません。 あなたは「ただの」何かなどではないのです。 自分自身を信じれば、毅然とした態度がとれるようになります。 人はあなたの態度を観察して、あなたが自分に自信を持ち、 […]

1 2 3 7