小林正観「輪廻転生」

40年、いろいろな社会現象・人間観察をしていって、人間にはたった一つの義務とたった一つの権利だけが神に与えられているようだ、という結論に至りました。 たった一つの義務とは、輪廻転生です。 「輪廻転生」という言葉を辞書で引くと、「生まれ変わる […]

小林正観「ありがとうの不思議」

40年以上にわたって、超能力や超常現象を研究し続けてきて、いちばんおもしろいと感じているのが、「ありがとうの不思議」です。 心を込めなくてもいいから、「ありがとう」と言うと、2万5000回を超えたあたりで、多くの例では、突然涙が出てきます( […]

小林正観「本当の幸せというのは」

本当の幸せというのは、何かを想定して、それが手に入ったから幸せなのではありません。 幸せとは、すでに幸せに囲まれていることに気がつくということなのです。 今幸せなことに気がついたら、悪魔さんは一番困るのです。 そして、その足りないものが手に […]

小林正観「楽しい人生を生きる宇宙法則」

目の前の現象を自分の思い通りにできないことが「悩み」だと思っている人が大多数でしょう。 自分が向き合っている現象に対して思い通りにならない、つらい、悲しい、という感想を言っているわけですが、実は現象は「ゼロ」。 幸も不幸も、そう思う心がある […]

小林正観「蓮の花」

蓮の花というのは大変に霊格が高いものであるらしいのです。 私自身、蓮の花に興味があって10年ほど観察を続けていますが、蓮の花は泥水が濃ければ濃いほど、つまり汚れていればいるほど大輪の花として咲きます。 水が真水に近ければ近いほど、きれいであ […]

天国度100

天国度100というのは、自分がいかに恵まれていて、自分がどれほど幸せな日々を生きているか、ということ。 人生をどれだけ楽しんでいるか、ということ。 そこに気がついたら天国度が100になります。 不平・不満、愚痴、泣き言、悪口、文句が無くなっ […]

小林正観「過去を受け入れる」

人間の「喜び」や「幸せ」というものは、どうも三つのかたちをとるのではないかと、私は思ってきました。 過去、自分に起きたことを全て「受け入れる」こと。 それが全部自分に必要だったと思うこと。 そう思うことで、その一つ一つのこと全て、感謝の対象 […]

小林正観「よき仲間に囲まれるために」

「よき仲間」に囲まれるために、私たちは何をすればいいのでしょうか。 よき仲間に囲まれるためには、はじめに「自分から投げかけをすること」です。 私は、「宇宙には、投げかけたものが返ってくる。投げかけないものは返らない」という法則があることに、 […]

小林正観「タテヨコ不変」

《「10年たっても20年たってもどんなときでも(タテ)、年上に対しても年下に対しても誰に対しても(ヨコ)、同じ笑顔、同じ丁寧さを保ち続けること」。それが「タテヨコ不変」の意味。》 「タテヨコ不変」とは人格向上のための第一歩です。 「タテの不 […]

私の『本当の使命』は何でしょうか

1年に何人か、次のような質問をする人がいます。 「私の『本当の使命』は何でしょうか。本当の自分探しを20年やっているのですが、まだ『本当の使命』が見つかりません」 「あなたは、今、何をやっているのですか」 「主婦です」 「主婦なんですね。じ […]

1 2 3 7