天国度100

天国度100というのは、自分がいかに恵まれていて、自分がどれほど幸せな日々を生きているか、ということ。 人生をどれだけ楽しんでいるか、ということ。 そこに気がついたら天国度が100になります。 不平・不満、愚痴、泣き言、悪口、文句が無くなっ […]

小林正観「過去を受け入れる」

人間の「喜び」や「幸せ」というものは、どうも三つのかたちをとるのではないかと、私は思ってきました。 過去、自分に起きたことを全て「受け入れる」こと。 それが全部自分に必要だったと思うこと。 そう思うことで、その一つ一つのこと全て、感謝の対象 […]

小林正観「よき仲間に囲まれるために」

「よき仲間」に囲まれるために、私たちは何をすればいいのでしょうか。 よき仲間に囲まれるためには、はじめに「自分から投げかけをすること」です。 私は、「宇宙には、投げかけたものが返ってくる。投げかけないものは返らない」という法則があることに、 […]

小林正観「タテヨコ不変」

《「10年たっても20年たってもどんなときでも(タテ)、年上に対しても年下に対しても誰に対しても(ヨコ)、同じ笑顔、同じ丁寧さを保ち続けること」。それが「タテヨコ不変」の意味。》 「タテヨコ不変」とは人格向上のための第一歩です。 「タテの不 […]

私の『本当の使命』は何でしょうか

1年に何人か、次のような質問をする人がいます。 「私の『本当の使命』は何でしょうか。本当の自分探しを20年やっているのですが、まだ『本当の使命』が見つかりません」 「あなたは、今、何をやっているのですか」 「主婦です」 「主婦なんですね。じ […]

小林正観「生きる大事・死ぬ大事」

「お師匠さま、よき友を得ることは聖なる道の半ばだと思えるのですが、どうなのでしょうか」 私の考えですが、「聖なる道」というのは「正しい生き方」というような意味ではなかったかと思います。 そのとき、お釈迦さまはこう答えました。 「アーナンダよ […]

小林正観「コップの機能を考える」

コップの機能を考えてみます。 お湯を溜める、水を入れるなど2つの機能があります。 新幹線を考えてみると、物を運ぶ、人を運ぶなど2つの機能がありあります。 機能というのは、つまり役割ということです。 その役割をいくつ果たせるのか、と考えてみる […]

小林正観「子どもがなかなか言うことを聞かない」

よくお母さん方から、「子どもがなかなか言うことを聞かない」「思いどおりになってくれない」という相談を受けます。 個々には、よくそれだけの問題があるものだと思うくらいに、本当に次から次へとたくさんの問題が出てくるようです。 しかし、どのような […]

1 2 3 7