大紀元日本「大仏になった石」

昔、ある町に立派な寺が建立された。 とても美しく重厚な寺だったが、大仏の像だけがなかった。 そこで、信者たちは有名な彫刻家に大仏の像を制作してもらうことにした。 彫刻家は山に上ると、大仏になるのにふさわしい石を探した。 ようやく見つけた石は […]

王様と石「チャンスはどこにあるのか?」

ある夜、王様は、市街の真ん中に大きな石を置いてみた…… ドイツのある王様が、だれも見ていない夜中に、市街の真ん中へ、そっと大きな石を置いて帰城した。 翌朝、酔っぱらいの軍人が、その石につまずいて、倒れて頭を打った。 「だれだい、こんな往来に […]

イソップ童話「カラスときつね」

お腹の空いたカラスが、イチジクの木に止まりました。 実を食べようとしましたが、よく見るとまだ実が青いのです。 カラスはイチジクが熟すまで待つ事にしました。 じっと待っているカラスを見たキツネが言いました。 「きみは、どうしてそこにいつまでも […]

習慣の怖さ「タッチストーンと男の話」

タッチストーンとは、単なる金属を純金に変えることができる小石です。 それは、黒海の岸辺で、何万という同じような小石の中に埋もれていると書いてありました。 そして、その秘密とはこうです。 普通の小石は冷たいのですが、その石だけは温かいというの […]

青年と釣り人の話

腹を空かせた貧しい青年が、 橋の上に座ってぼんやりと漁師たちの仕事を眺めていました。 漁師の釣りカゴの中をのぞき 近くに魚の群れが泳いでいるのを見て 青年は言いました。 「まったく、あれだけの魚が手には入ったら ぼくだって元気になれるのにな […]

才能の正しい使い方が分かる 老人の話

定年後の余暇を楽しんでいる老人が 最近描いたばかりの自分の絵を 有名な画家ロセッティに見せた。 ロセッティは丁重に、 これは人並みのできだと答えた。 そこで老人は、他にも数点の絵を見せた。 明らかに若者の手によるとわかるその作品に ロセッテ […]

「自分を変える」心の磨き方

二人の科学者が、ヒンドゥー教の聖者に自分たちの理論をどう思うかを尋ねるために、地球を半周して会いに行った。 到着すると、聖者は喜んで二人を自分の庭園に案内し、茶を振る舞おうとした。 二つの小さなカップがいっぱいになっても、聖者は茶を注ぎ続け […]

2人の働く人「仕事の効率化」

二人の木こりがいた。 一番目の木こりは満身の力をこめて木を切った。 休憩も昼休みもとらず、できるだけ多くの木を切るために全力を注いだ。 朝は誰よりも早く働き始め、夕方は誰よりも遅くまで働き続けた。 他の木こりたちは、彼があまりにも早く木を切 […]

乞食の天使のストーリー

「乞食の天使」 いつもよく働く靴屋のもとへ、あるとき、天使が現れました。 乞食の姿になって・・・。 靴屋は乞食の姿を見ると、うんざりしたように言いました。 「おまえが何をしにきたかわかるさ。 しかしね、私は朝から晩まで働いているのに、 家族 […]

ビジネスでも言える「蛇口」にまつわる話

作り話とも思えるが、こういう話がある。 昔、砂漠地帯のような水が非常に貴重な地域から来日した人が、ひねると水が出る蛇口を見て、土産にしたいと思ったという話だ。 井戸を掘っても掘ってもうすぐ枯れ、地域によっては水をくむため長い距離を歩いたり、 […]

【古代神話】悪魔に渡したくなかったものは??

ここに面白い話があります。 古代神話です。 昔、悪魔がある町に現れて、 「今日から、お前たちのものをすべて俺は奪い取ることにする。 しかし悪魔にも情けはある。 明日までに残しておいてほしいものを一つだけ書き出せ。 それ以外のものは一切、俺が […]

1 2 3