「宇宙をへこませる」人

大人になって(スティーブ・ジョブズがいうところの)「宇宙をへこませる」ような人がどういう人かを考えてみると、まず頭に浮かぶのは“神童”だろう。 2歳で字が読めるようになり、4歳でバッハを弾き、6歳で微積分をゆうにこなし、8歳までに7ヵ国語を […]

体験するために分離したのが宇宙

1つではできなかったことを、体験するために分離したのが宇宙だ。 「優しくする」という能力も、1人では使えない。 使う者が「わたし」なのだから、それを使う相手は常に「だれか」のはずだ。 要するに、「わたし」が持たされている能力は、全てが他人の […]

小林正観「楽しい人生を生きる宇宙法則」

目の前の現象を自分の思い通りにできないことが「悩み」だと思っている人が大多数でしょう。 自分が向き合っている現象に対して思い通りにならない、つらい、悲しい、という感想を言っているわけですが、実は現象は「ゼロ」。 幸も不幸も、そう思う心がある […]

何かに意識を向ければ、それは拡大します。

何かに意識を向ければ、それは拡大します。 たとえば、ポジティブなことに意識を向ければ、それは拡大します。 逆に、ネガティブなことに意識を向ければ、それも拡大します。 これは宇宙の法則です。 興味深い実験を紹介しましょう。 部屋の中に長さ五メ […]

人望の法則

古来から人間には、勘とか第6感、ヒラメキなど、なにやら非科学的でオカルトチックな能力があるとかないとか言われてきたが、この未来を思い通りに予知する能力の正体は、じつは扁桃核(へんとうかく)のジャッジによって芽生えた感情脳の「否定的あるいは肯 […]

楽しい人生を生きる宇宙法則

いろんな問題をかかえていて、こんな職場の人に囲まれていて、上司が厳しい人で怒って怒鳴って…どうしたらいいんでしょうっていう質問をよくされるのですが、私の答えは「だから何?」。 「辞めたいんですか?」と聞くと、 「いいえ辞めたいわけじゃないん […]

ダイヤモンドは一週間で出来上がるわけではありません。

自然には常に時間がかかります。 樫の大木は一夜で大木になるわけではありません。 大木になる過程で、多くの葉や枝や皮を 失ったりもしているのです。 ダイヤモンドは一週間で出来上がるわけではありません。 宇宙の価値あるもの、美しいもの、威厳ある […]

小林正観「宇宙は倍返し」

宇宙の法則として、「投げかけたものが返ってくる(投げないものは返ってこない)」というものがあります。 これはつまり、物理学でいう「作用」「反作用」と同じことで、言葉を換えて言うなら、「愛すれば愛される」「愛さなければ愛されない」「感謝すれば […]

植松 努 「楽をすると無能になる」

大学を卒業したあと、ぼくは本格的に飛行機とロケットにかかわります。 はじめて職場を訪ねたとき「このフロアは堀越二郎が働いていたところなんだよ」といわれました。 憧れていたゼロ戦の設計者と同じフロアで仕事ができるなんて、まさにぼくの母さんがい […]

トイレ掃除をしていても、お金が入ってこない人の共通点

トイレ掃除をずっとやっている人には、通常は臨時収入が入ってくるようです。 会社を経営している人には突然、会社に注文がたくさん来て、仕事がどんどん流れ始めます。 しかし、トイレ掃除をしているからといって、100%の人にお金が入ってくるわけでは […]

小林正観 「努力ゼロの幸福論」

私は、40年近く「宇宙の法則」を研究し続けてきました。 その過程で見えてきたものがいくつかあります。 そのうちのひとつが「おかえしの法則」です。 ①「(か)感謝」…「ありがとう」と感謝されること ②「(え)笑顔」…「にっこり」と微笑みかけら […]

1 2 3