子どもが育って魔法の言葉

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる 不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる 「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもはみじめな気持ちになる 子どもを馬鹿にすると、引っ込み […]

少子化は今後どうなるのか?

なぜ、日本の少子化はここまで深刻な状況になってしまったのであろうか。 2017年の年間出生数は94万人ほどにとどまり、2年連続での100万人割れという危機的状況にある。 戦後のベビーブーム期には270万人近くに及んでいたことを考えれば、わず […]

子供に伝える成功

■《成功は、楽しんでいる人に生まれる》 息子くんが起きてきて、 「パパ、成功する人って、成功したいと思わない人なんじゃないかな?」 といきなり言いました。 「成功って、野心丸出しで目指すもんじゃなくて、誰よりもそのことを楽しんでいる人のとこ […]

驚く力

「驚く力」は、仕事はもちろん、読書や映画鑑賞、あるいは子育てや家事、ご近所づきあいまで、僕らが生きる日常のあらゆる場面で応用することができます。 ただ僕は、その中でもとりわけ学校の先生や、会社で部下を率いている人、あるいは子育て中の親御さん […]

人生思い通りになったら

苦しいこと、つらいこと、いやなことがまったくなく、 人生を思いどおりにすごすことができたら、 さぞかし幸せだろうな、と私たちは思うときがあります。 ところが、そんな人生を送れる人は一人もいません。 とくに親は、わが子にそんな人生を歩んでほし […]

子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた

生まれる前の記憶を調査するうち、私は不思議な「記憶」と出会うようになりました。 胎内記憶、誕生記憶にとどまらず、「お母さんのおなかに宿る前」について語る子供がいるのです。 幼い子どものファンタジーと思われるかたもいるかもしれません。 ところ […]

世界がもし100人の村だったら

今朝、目が覚めたとき あなたは今日という日にわくわくしましたか? 今夜、眠るとき あなたは今日という日にとっくりと 満足できそうですか? 今いるところが、こよなく大切だと思いますか? すぐに「はい、もちろん」と いえなかったあなたに このメ […]

子供につい口出ししてしまう

こんなことはないだろうか。 たとえば子供が後かたづけをしようとする。 もちろん、大人や親の目から見たら、 モタモタとまどろっこしい。段取りも悪い。 そこで、つい口を出してしまう。 いや、アドバイスならいい。 そうではなく、 相手の未熟さをな […]

子どもたちの「胎内記憶」

私は産科医として、母子の心身に健やかなお産を模索するうち、子どもたちに「胎内記憶」(子宮にいたときの記憶)があることに気づきました。 私の調査によると、小さな子の約2割に、胎内記憶があります。 さらにその前の記憶、つまりお母さんに宿る前のこ […]

九州に一人の新聞配達の少年がいました。

九州に一人の新聞配達の少年がいました。 近所で遊んでいる子どもは、いつも彼を見たら石を投げたりしていじめました。 あるとき、石がほんとうに当たってしまいます。 すると、少年は石を投げた子どものところに行って、「おれが何か悪いことをしたか」と […]

自分の家が火事になっていた

ある日のこと、父親が帰宅してみると、自分の家が火事になっていた。 家の中にはまだ彼の子供たちがいた。 それに気づいた父親は、あわてて叫んだ。 「火事だ! 早く外に出なさい!」 しかし、子供たちは遊びに夢中で逃げようとしなかった。 子供たちは […]

極める技術

たとえば、サッカーを極めるプロセスを考えてみましょう。 本当にうまくなりたいと思ったら、まずは自分の弱みと強みをしっかり理解することから始めます。 そしてたえず課題意識をもち、解決策を模索し続けながら自発的に練習していくことが必要です。 仮 […]

1 2 3