松下幸之助「失敗の考え方」

自信というのは、生きる上で非常に大切なものですな。 第一そうしたものがなければ、生きていてもこんなに頼りないことはない。 もっとも、自信を持ちすぎるのも困りものですがね…。 ぼくも、自信をなくすという経験は何度となくしてますわ。 悲観して、 […]

失敗の考え方

失敗を必要以上に恐れている人は、心のどこかで 「失敗したら取り返しがつかない」と考えている。 ただ、もし本当に「取り返しがつかない」のだとしたら、 それは準備段階が間違っているのではないだろうか。 たとえば、魚を釣るときにも竿1本、糸も一本 […]

成功と失敗の2色の地図

成功と失敗の2色に色分けされた地図のどちらかだけに位置する人生なんてあるだろうか。 初めは成功と思われていたことが、後になって失敗だったとわかるときもある。 昇進するのが早すぎて競争から脱落する。 解雇されてしかたなく始めた事業が成功する。 […]

たくさん失敗した人ほどうまくいく

ほとんどの人生では、成功と失敗は 投げ損ねた釣り糸のように絡み合っている。 失敗が成功を生み、やがてまた失敗し、 再び成功する。 その繰り返しだ。 人生を振り返ったとき、 かつては見事な勝利と思えたものが色あせて見えることがある。 逆に、そ […]

成功するか失敗するかは、心構え一つで決まる

成功するか失敗するかは、心構え一つで決まる、といってもいいくらいなのである。 私たちが望むこと、期待することが実現できるかどうか、心の持ち方ひとつなのである。 「幸福も何もかも、みんなめちゃくちゃ!」といつもこぼしている人間は、 これから先 […]

別の手段を試してみましょう

今のやり方がうまくいかなければ、 別の手段を試してみましょう。 煉瓦造りの壁を突き破ろうとして失敗したなら、 まわりを回ってみる。 それもダメなら、下からくぐり抜ける。 上から乗り越える。 あるいは、いっそのこと壁を移動させる。 成功するま […]

なぜ失敗することのほうが多いか

人っていうのは、なぜ失敗することのほうが多いかっていうと、失敗から学べることが、すごく多いからなんだよね。 その失敗を苦にして暗くなっちゃう人と、笑って話せる人がいるんだけど、失敗を笑って話せる人っていうのは、運が開けるよ。 その失敗を乗り […]

失敗するメリット

失敗によって土壇場まで追い詰められた人間は、恐怖心を払拭し、別の方向へと進み出すことができるようになる。 結局失敗は、それまでもっていた目標や、その目標を達成するための計画が誤りだったことを示しているにすぎない。 それまでただ習慣で歩いてい […]

誰でも成功と失敗を繰り返している

弱気になっているときは、誰でも自分の人生は 失敗だらけだったと考えがちです。 誰でも成功と失敗を繰り返している。 でもすぐに忘れてそのときの気分に従ってしまう。 落ち込んでいるときには失敗がクローズアップされ、 うまくいっているときには成功 […]

失敗しても、必ずしも挽回する必要はない

僕は「失敗しても、必ずしも挽回する必要はない」「簡単に挽回できなくて当たり前」だと考えています。 なぜなら、人間は失敗する生き物だから、失敗するたびに「挽回しなくては」と考えてばかりいると、やがて失敗することが怖くなり、身動きが取れなくなっ […]

失敗は必ずしも必要か?

成功と失敗の2色に色分けされた地図のどちらかだけに位置する人生なんてあるだろうか。 初めは成功と思われていたことが、後になって失敗だったとわかるときもある。 昇進するのが早すぎて競争から脱落する。 解雇されてしかたなく始めた事業が成功する。 […]

機械の技術開発というのは失敗の連続

機械メーカーで技術開発をしているCさんという人がいます。 この人が面白い話をしてくれました。 機械の技術開発というのは失敗の連続なのだといいます。 「ときには「もう、にっちもさっちもいかない」ということがあります。 どこをどう調整しても、機 […]

1 2 3 8