「何が正しいのか」や「人の心とは何か」を十分に考える

今も昔も、商人は不特定多数の相手と取引するため、その「道」とは、「何が正しいのか」や「人の心とは何か」を十分に考えることであると説いている。 その結果導き出された商人道は、信頼の社会を築き上げるためのルールであるといえる。 そのルールを明確 […]

梅岩「商人の努めるべきこと」

梅岩は「商人はしっかり利益をあげなくてはいけない。それは、売り上げた利益で贅沢をするためではなく、またその利益で人の役に立つようにするためだ」 と言っています。 梅岩は商人の努めるべきこととして倹約・正直・工夫の三つをあげました。 倹約につ […]

小早川護「接客は利休に学べ」

「一期一会」とは、 「一期に一度の会のように、亭主を畏敬すべし」 という言葉に起源があるようです。 その日のもてなしが 「一生にたった一度しかない」ものであるということをしっかり理解しておかなくてはいけません。 戦国の世における一期一会は、 […]

商人が伝えるメッセージ「商売繁盛ありがとう」

苦しければ 苦しいだけ 辛ければ 辛いだけ 笑顔を ふやそう 笑顔などつくれるわけがない時に 笑顔をつくることに 人間の価値がある 希望 理想 夢をしっかりもって 楽観的になること 塞ぎ込んでいても 情況は少しも変わりはしない 無理をしてで […]

【納得】江州商人が伝える「商売繁盛する考え方」

昔、呉服物を担って、いつも碓氷峠を越えていた二人の商人がいた。 一人があるとき、さぞ疲れたように、路傍の石に腰をおろす。 「疲れたではないか、ひと休みしよう。この峠が、もう少し低かったら楽に越されて、うんともうけられるのになァ。おまえ、そう […]