いい会社とは

社員が幸せに暮らせるためには、会社が雇用を維持・創出していくことが欠かせません。 会社が年々、少しずつ成長することによって、新たな雇用を生み出せば、人の幸せや社会の安定につながります。 ものづくりを中心に経済成長をつげてきた日本は、現在、大 […]

イヤな人間や会社だけど、お金や仕事をくれるからいいや

「イヤな人間や会社だけど、お金や仕事をくれるからいいや」 というのが、今の人の感覚です。 でも、そこからもらう運は持続しません。 たいがいその場その場で終わりです。 イヤな気持ちをどこか抱きながら仕事をしても、 ヤル気が起きないし力も出せま […]

「生きている会社」とは

経営において本質的に大事なことは、たったひとつ。 それは、会社が「生きている」ことである。 「生きている」とは、ただたんに存在することではない。 会社全体が大きな熱を帯び、理詰めで考え、行動し、新たな創造に向かって社員たちの心が奮い立ってい […]

会社で大切なのは「リフレクション(内省)」

成長というのは周りが「させる」ものではなく、自分で「する」ものですから、必要最低限これだけは押さえてほしいというものや、会社の共通言語として知ってもらったほうが生産性が高まるものだけに絞って必須化しています。 役員や人事が講師になるものと、 […]

日本一働きたい会社

海外研修に2012年、6名の仲間とともに私も参加することになりました。 選抜海外研修は、リーダーシップ開発が目的になっているため、1人当たりの予算のみがあらかじめ決められています。 つまり、目的や行先などは、すべて本人たちが話し合って決定す […]

斎藤一人の「勝手に人が育つ」経営の極意

世の中の99%の会社は、借金をしているそうです。 でも、私の会社は今まで一度も借金をしたことがありません。 そこでよく「無借金経営」について聞かれるんだけど、借金している会社が多いから借金が正しい、ってことにはならないんです。 東大の問題で […]

会社を経営するときに大切にすべきこと

私が会社を経営していた時、一番大切にしていたのは、売上げや利益を伸ばすことより、社員の人間的成長を図ることでした。 人間は簡単には成長しません。 相当な期間と忍耐力をもって、コツコツと実践を積み重ねることにより、習慣が変わり、人間の質が変わ […]

部下と後輩と水の関係

水の入ったコップに自分がプカプカ浮いているとしましょう。 水は、後輩や部下たちです。 水を注げば水位の上昇とともに勝手に自分も上がります。 自分を慕う後輩や部下が多ければ多いほど、勝手に自分は上がっていくわけです。 しかも、自分が後輩や部下 […]

斎藤一人さんの会社を辞める社員

「斎藤さんのところの仕事して、辞める人とかいないんですか」って聞く人がいます。 勤め人でも、どっかに勤めたら一生クビにならない会社ってありますかねって言ったって、そんなものはあるわけないの。 それは、うちの仕事をやりに来たって、向かない人も […]

いい人材が集まる、性格のいい会社

私は結婚と就職は似ていると思っていて、どちらも人生にとって大事な決断です。 結婚の相手選びの時には、外見・ステータスだけで決める人はあまり多くないと思うのですが、就職においては、新卒の就職人気ランキングを見ても大手・安定企業が並んでいて、い […]

1 2