なぜ、その職業を選んだか思い出す

「自分がなぜ、その職業を選んだか思い出す」 いま、あなたはなにか職業についています。 あなたには、もともとその職業を選択するに至った「想い」があるはずです。 どんなにいま、その職業で つらい思いをしていたとしても、 最初にその職業に込めた気 […]

人望が集まる人の考え方

人々はあなたをあなた自身の自己評価をもとに判断するだけでなく、あなたが自分の仕事や同業者に対してどういう評価をしているかをもとに判断する。 聖書に「裁かれたくなければ、裁いてはいけない」という教えがある。 これは人間関係に関する名言である。 […]

麻雀のプロに学ぶ

麻雀の神様、阿佐田哲也は、 麻雀には勝つ方法はないと言ってますが、 負けない方法はあると言っています。 負けない方法の1つとして、 「上手に降りる」という戦法があります。 勝負事で考えるならば、自信のないレースには 「降りるのも攻め」なので […]

運が良い人というのは、不思議なくらいみんなパワフル

運が良い人というのは、不思議なくらいみんなパワフルです。 そして実際に、元気です。 彼らは、元気そうに見えるだけでなく、実際に健康です。 少しくらい睡眠時間が足りなくても、笑顔で乗り切るスタミナを持っています。 「お元気ですか?」と聞くと「 […]

ものごとがうまくいくのは、かならず理由があります。

ものごとがうまくいくのは、かならず理由があります。 自分の成功体験を分析すると、 「ひょっとしてこれが原因じゃないのかな」 と思うヒントがいくつか浮かんできます。 分析してみると、いくつか理由を挙げることができます。 仕事の場合だったら得意 […]

「自分を変えたい」人の心理学

プロの自覚というのは、持つか持たないか、 ただそれだけのことです。 サラリーマンでもOLでも、 自分をプロだと思えば1つ1つの仕事に責任感と緻密さが生まれますが、 「たかがコピーを取るだけの仕事だ」とか 「こんなの誰がやっても結果は同じだ」 […]

お金に嫌われない大成功の仕組み

たいていの仕事ってね、暇より忙しいほうがいいんです。 それでも暇なときは、忙しい波動を出すといいんです。 ただ、忙しそうにすればいいんだよね。 例えば、私が洋服やさんをやっているとするよね。 それで、お店にお客さんが入ってくる。 そのとき、 […]

1にバイタリティ、2に楽天性、3に絶えざる自己修練

明治4(1881)年11月12日、明治新政府の事実上の首班である右大臣岩倉具視(ともみ)(47歳)を団長に、総勢107名(使節46名、随員18名、留学生43名)の使節団が欧米諸国を目指して横浜から出発した。 約300年続いた江戸幕藩体制を実 […]

サラリーマンの多くは「奴隷の幸福」に浸っている

多くの人は奴隷のように会社に縛られて一日の大半の時間を使っている。 「奴隷の幸福」という言葉がある。 強制的に、有無を言わさず働かされる奴隷は、不幸なようにみえるけれど、自分の頭で何をするべきか考える必要がないので、人はそこに安心を見つけ、 […]

精神的に不安定なリーダー

精神的に不安定なリーダーは、本人はもとより、部下にとっても組織にとっても危険な存在である。 リーダーという立場が、人格的な弱点を増長するからだ。 人生において抱えているマイナス要因が何であれ、それは人びとを導こうとするときに耐え難いほど大き […]

お客様の立場に立って考えるとは

お客様へのサービスを議論するとき、よく出る意見が「お客様の立場に立って考える」です。 もっともらしい意見ですが、この考えでご満足いただけるサービスを提供できた試しがありません。 「お客様の立場に立って考える」、このこと自体は正しい姿勢です。 […]

1 2 3 4 5 54