信頼のちから

傷への確実な解毒剤は、その人との関係があなたにとって、とても大事だと知らせることです。 その人があなたが自分のことをほんとうに思ってくれていると納得したら、 間もなく信頼は修復されます。 少しの誤解や小さな失敗はあっても、壊れた信頼の修復に […]

自分の夢なんて忘れてしまおう

《将来の目標はない方がいい。自分の夢なんて忘れてしまおう》 こんなことを言うと、ちょっとビックリされるかもしれませんが、“成幸”体質っていうのは、より「バカ」になることなんですよ。 よく、 「人生、目標を持つんだよ。自分の目標がない人は、途 […]

切り札は使ってこそ意味がある

思いきって購入した高い服に、 なかなか袖を通せない人がいる。 「これはもっと特別なときに着よう」 「こんな近所で着るのはもったいない」 「もし、汚したり破いたりしてしまったら大変だ」 そうこうしているうちに、タンスの不良在庫となり、 気がつ […]

弁護士が知る「運がいい生き方」

弁護士をしていますと、たくさんの争い事のご相談を受けます。 その大元には恨みの気持ちがあることも多いようです。 恨みというのは厄介で、近しい人ほど恨んでしまう。 ことに、自分の親兄弟のことを、なぜか恨んでいらっしゃる方は珍しくない。 でも、 […]

「感謝」で思考は現実になる

《「ありがとう」のゲーム》 人生で起こるすべてのことに「ありがとう」と言う。 とにかく「すべて」にだ。 例外はなし。 言い訳もなしだ。 例をあげよう。 ■朝、目覚まし時計が鳴ったら… 「今日もこうやって地球上に存在できることに感謝します」( […]

喜びの種をまこう

《喜びのタネを播くこと》 釈尊は人間がこの世になしておくべきことは、生まれ変わり、生まれ変わり、一粒でも善きタネを地上に播くことであると諭して下さっている。 間違っても、怒りや憎しみ、苦しみや悲しみのタネを播いてはならない。 できることなら […]

対立してしまう心理

対立するのは、どちらかが正しくて、どちらかが間違っているからではなく、 双方が自分の価値観に従って生きているからです。 いわば、どちらも「理想を追い求める人」なのです。 意見の違いだけに目を向けていては、対立は解消できませんが、 意見の違い […]

「感情シグナル」がわかる心理学

「相手の関心を引きつけるよりも、 相手に関心を持つことが大事」 私の30年の研究からも、 これ以上のアドバイスはないと、断言できます。 デール・カーネギーは、 「他人の関心を引こうと2年間努力するよりも、 他人に関心をもとうと2ヶ月間努力す […]

自分のことだけ考える

強硬な政治家から「鉄の女」と呼ばれ、1979年から90年までイギリスで首相を務めたマーガレット・サッチャーは、こんな名言を残している。 「金持ちを貧乏にしても、貧乏な人は金持ちにならない」 サッチャーが首相になった当時のイギリスは、行きすぎ […]

デール・カーネギー「嫌われたら次のことを守れ」

人にきらわれたり、陰で笑われたり、軽蔑されたりしたかったら、次の条件を守るにかぎる。 一、相手の話を、決して長くは聞かないこと 一、始終自分のことだけをしゃべること 一、相手が話している間に、何か意見があれば、すぐに相手の話をさえぎること […]

リーダーの定義付け

私は、リーダーをこのように定義づけています。 「大切な誰かを育成する責任がある人」 ですので、経営者はもちろんですが役職が係長でも課長でも部長でも、誰かを直接育成する責任を背負っている方を本書では「リーダー」とさせていただきます。 どんな企 […]

1 2 3 4 51