才能の正体「人が文句を言う理由」

死ぬ直前というのは、どんな人でも心安らかになって、みんなに感謝して亡くなっていく…といったイメージがありませんか? しかし実際は、7割方の人は不平不満を言いながら死んでいくと、とある看護師さんから聞いたことがあります。 人は死ぬ直前にものす […]

幸せになれるさ!

人間関係において 犯しやすい本質的な問題が2つあります。 1つは、他人も自分と同じように物事をとらえるものだと思い込むことです。 それが他人の行動が理解できなくなり、 戸惑ってしまう原因になります。 もう1つは、自分は真実をあるがままに受け […]

西野亮廣「バカとつき合うな」

この現代において、上司、先生、家族、友人…それが誰であっても、「みんなと同じことをやりなさい」という人は、全員バカです。 昔に比べれば、個性尊重と言って、人と違うことは悪いことじゃないんだという考え方も定着しているように見えます。 でも、本 […]

まわりにいい影響をあたえる人がなぜか上手くいく

南アフリカの北ナタール族の人々は、毎日「私はあなたを見ています」と言ってあいさつします。 相手は「私はここにいます」と応じます。 こうした人々の間では、人は誰かが見るまで存在しません。 あなたが相手を見ることで、相手を存在させるのです。 ま […]

誰かを傷つけることと自分が傷つくこと

誰かを傷つけることと自分が傷つくことって、 実は表裏一体のこと、同じ心の状態が作り出す 裏表のようなのです。 簡単にいってしまえば、傷つきやすい心は、 ひょっとしたときに 誰かを傷つけてしまいがちな心でもあるのです。 なぜかといえば、傷つき […]

心はパラシュートのようなものです。

講演会が終わったあとで、私はノートに1枚のメモがはさまれているのを発見した。 それにはこう書いてあった。 「心はパラシュートのようなものです。 開かれなければ、役に立ちません」 私がいつも 「新しいアイデアに心を開きましょう」 と言っている […]

アドラー心理学「相手から取ろうとする」

アドラーによると、人に好かれる人には、共通してみられる特徴がある。 それは、相手から何かを「とろう」とするのではなく、むしろ自分から相手に何かを「与えよう」とするのである。 知り合いの誕生日には贈り物をし、お中元、お歳暮も欠かさない人がいる […]

己の欲せざる所、人に施すこと勿れ

私は道徳の第一原理は、「己の欲せざる所、人に施すこと勿(なか)れ」だと思います。 「自分がやられて嫌なことは人にするな」、これが道徳の基本です。 この言葉について、『論語』では先生である孔子と弟子との間の次のようなやり取りが紹介されています […]

運勢を好転させる方法は、たった一つなんだよ。

運勢を好転させる方法は、たった一つなんだよ。 人の幸せに協力すること、これしかないの。 人の幸せに協力すると、運勢って好転してくるんだよ。 人の幸せに協力するって、いろんなことができるよね。 たとえば、自分が誰かの講演を聞きに行ったとする。 […]

1 2 3 56