人生は、避けがたい条件に包まれている

《人生は、避けがたい条件に包まれている》(エマソン) 避けがたい条件とは、「原因があるから、結果がある」「得るものがあれば、失うものがある」など、人生には分離できないものがあるということです。 エマソンはこのことについて、以下のように苦言を […]

人生をもっと楽しんで生きられる

人は皆、幸せに生きたいと願っているが、 〈今日は幸せでなくても、明日幸せになればいい〉 と自分に言いきかせながら毎日を過ごしている人がいる。 厳しいようだが、そういう人はおそらく一生幸せになどなれないのではないだろうか。 「今日、生きている […]

切り札は使ってこそ意味がある

思いきって購入した高い服に、 なかなか袖を通せない人がいる。 「これはもっと特別なときに着よう」 「こんな近所で着るのはもったいない」 「もし、汚したり破いたりしてしまったら大変だ」 そうこうしているうちに、タンスの不良在庫となり、 気がつ […]

六人の人生の達人の言葉

六人の先哲の語録編纂(へんさん)を終えて、しみじみと湧(わ)き上がってくる感興(かんきょう)がある。 六人の人生の達人の言葉は、煎(せん)じ詰めれば一に帰するという思いである。 その一とは何か。 それは、 「花は香り 人は人柄」 ということ […]

我われ人間はいかに生きてきたか

安岡正篤先生が三十五歳の頃のことです。 岡山県閑谷(しずたに)学校において、「古本大学講義」と題して講演されています。 その中で先生は、東洋には「四部の学」というものがあると説明され、概略、次のような話をされています。 「四部の学」とは「経 […]

人生が自分の思ったとおりにならない

ふしあわせだと思うのは、 人生が自分の思ったとおりにならないからです。 「こうなるのが当然だ、こうなるはずだ」という期待に、 すべて答えてくれる人生というのはないのですが、 私達はそうは思わず、 ただ自分は、ふしあわせな人間だという結論を出 […]

人生の愉しみと成功

直線が“最短距離”とはかぎらない。 この地球上においては、何事もスムーズな直線では進まないということです。 時に歩みを止め、 時に逆行しながら進んでいくのです。 潮が満ちてくる時、それは引いては返しながら、 少しずつ進んでいきます。 木の成 […]

生きとし生けるもの

野に咲くタンポポでさえ 詩人の魂をふるいたたせ 一匹のこおろぎでさえ 病める人の心を癒す 五体に障害を持つ人も その微笑みで 人の心を照らし そのまなざしで 愛を伝えることができる 生きとし生けるもの そのすべてには 授かったいのちの輝きと […]

人生という名の学校

あなたは人生という名の学校に入っています。 この学校には休みがなく、生涯にわたって毎日なんらかの授業を受けつづけなければなりません。 嫌いな授業もあるかもしれませんが、どんな授業でも受けなければならないのです。 カリキュラムは多種多様です。 […]

人生の傍観者になるな

昔の作家や哲学者などが残している名言の中で、強く共感した言葉があります。 最も好きなのは、フランスの女性小説家、フランソワーズ・サガンの 「たとえ悲しくて悔しくて眠れない夜があったとしても、一方で嬉しくて楽しくて眠れない日もある人生を、私は […]

人生に奇跡を起こす

《あなたには価値がある》 冬休みの一週間、娘が大学の友人を自宅に招待した。 私はお客さまを迎える側として、ごく当たり前のことをした。 清潔なシーツとタオルを出し、ベッドの脇のテーブルに花を生け、お客さまの食事の好みを前もって調べておいた。 […]

人生、勝負は後半にあり

《人生、勝負は後半にあり! 能力開発は年齢不問》 潜在能力の開発は年齢不問です。 20世紀までは「人生は60歳までが勝負」の思いできましたが、平均寿命が伸び続ける長寿時代、「人生は65歳からが勝負」との考え方が必要です。 人生の勝負が後半に […]

1 2 3 37