生きがいとは何か

若い人の特権のように考えられている「愛」も、 実は、年老いた人にこそより重要なものであって、 老いた人こそ、 愛するものを持ち、 愛されて生きることが必要なのだ。 もちろん、その愛は激しく燃え上がる愛ではないだろう。 むしろ、相手をそして自 […]

人生最悪のときに読むべき

だれでも、「人生最悪!」と叫びたくなる体験を一度や二度しているものです。 泥沼の離婚、タチの悪いリストラ、車で人をはねたとか。 「もう、サイアクだ~!」とそのときは思うでしょう。 でも、「ツイてる人」や「ツキはじめている人」というのは、時が […]

何もしないことのオススメ

何をしたらいいかはっきりしない時には、 何もしないことをお勧めする。 次にすることがわからないのなら、有意義な行動の前に、 見出すべきもの、あるいは学ぶべきことがあるのかもしれないからだ。 そうした状況では、一歩下がって(本の一瞬でも)内面 […]

人の人生をよりよいものにする

なぜ、ポジティブな影響をあたえるよう心がけるべきなのでしょうか? 一つには、人の人生をよりよいものにできるからです。 ふだんの仕事や暮らしのなかで、まわりの世界を変えることができるのです。 もう一つの理由は、想像もしない形であなたの人生が豊 […]

人生において成し遂げること

私たちはそれぞれ、「生きる目的」を持って生まれてきます。 つまり、今回の人生においてなしとげる「何か」を、各自が担っているのです。 その何かとは、「人々や世の中に貢献すること」かもしれませんし。 「人々を愛すること」かもしれません。 「これ […]

斎藤一人「俺の人生」

不安な人って結局ね、神様を信じてないんです。 神様がいるんだってことを信じてない。 でも、この宇宙には歴然たる法則というのがあって、人の悪口を言いながら幸せになるとか、不安なことを考えながら幸せになるとか、そんなことはできないようになってる […]

自分の人生の計画

自分の人生を軽く扱ってはいけない。 この瞬間を、きちんと生きなくては! 前からスカイダイビングをやりたかった? エジプトのピラミッドを訪ねたかった? イルカと泳ぎたかった? ナイヤガラの滝を見たかった? やりたいけれど先延ばしにしてきたこと […]

人生はおもしろがった人の勝ち

世の中に、絶対においしいものなんか、あるんだろうか? たぶん、ないだろうね。 どんなにおいしいものでも、お腹いっぱいのときに食べたら、大しておいしいとは思わないだろうし、普段はさほどおいしいと思っていなくても、お腹が空いてどうしようもないと […]

人生は好調と不調のリズム

人生を長いスパンでとらえると、好調のリズムにあるときと不調のリズムにあるときがあります。 私は書斎の人間ですから、好調、不調といってもリズムの振幅はそれほどではありませんが、政治や経済の世界に生きる人は、相当の揺れの幅があるでしょう。 好調 […]

肯定的な人生を送るには

結婚しかり、就職しかり、子どもしかりで、 人は自分の人生がかかっているような重大なことに対しては、 往々にして過大な夢や期待を持ちやすいものだ。 何も期待しないリアリストになれと言っているわけではない。 もちろん、夢や期待を持たなければ、 […]

自分への甘さを修行する

かつて、修業とか修養とかは精神的に豊かであるために、つまり人間が人間らしく暮らしていくために必然のものでした。 そうでなければ、ともすれば不足、不便がつきまとう暮らしに押しつぶされて、人間らしく生きられなかったからです。 だが、何もかもが満 […]

肯定的人生観のすすめ

いい過去を築いてきた人はやはりいい人生を歩む可能性が高い。 今ある自分というのは、 今まで生きてきた積み重ねの上に成り立つものである。 今ある人間関係は、まさに自分の今までの生きてきた過程のなかでつくりあげられたものだ。 いい過去を持ってい […]

1 2 3 38