「絶望」に声を与えよう

与える人が受け取る人になる。 与えたら、与えたという事実を忘れるくらいがいい。 与えることに喜びを感じるくらいがいい。 与える機会を与えてくれた相手に、感謝の気持ちを伝えるくらいの境地に達したい。 何よりも、愛を与えることになると、あなたの […]

『人になしたこと』をすべて自分が受け取る

若い時はわからないかもしれませんが、四十代、五十代の人生後半になり、人生の前半でなしたことのお返しをたくさん受け取るようになると、つくづくわかってきます。 良きことも悪しきことも人生の後半で受けとることになります。 「私たちはこの生で『人に […]

「ギブ・アンド・ギブ」の精神をそなえた「与え好き」

与える、もらう(得る)という観点から人間の成長レベルを測ってみると、つぎのような段階に分かれると思います。 第一は、「テイク・アンド・テイク」のレベル。 卑劣な例でいえば、取引先から、自分の役職あてにもらった贈り物を部下に分けることもせず、 […]

プラス1の上乗せがあるかどうかの差

これは最近になって一人さんに教わったことですが、「もらったものよりちょっとでいいから、いいものを返す」ということをやって、世の中はうまく回るようにできているんですよね。 例えば、シャネルっていうすごく有名な高級ブランドがあるでしょ。 そのシ […]

ギブ・アンド・ギブの時代

ときおり、講演を頼まれます。 「演題はどうしましょうか」 と相談され、自分で決めさせていただけるときには、いつもこうお願いしています。 「ギブ・アンド・ギブの時代」 ギブ・アンド・テイクは昔からある言葉です。 でも、このギブ・アンド・ギブも […]

本田宗一郎「やりたいことをやれ」

人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。 そのかわり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。 自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。 私はそう思っている。 また他人を動かすには、自分が「格好よくな […]

こころのチキンスープ Give

あれは、人里離れた雪深いオレゴンのキャンプ場での出来事だった。 二十年も前の話だというのに、まるで一点の曇りもないオレゴンの空のように、 今でも鮮やかに覚えている。 私は妻と二歳の娘とともに、エンストを起こしたレンタカーのなかで困り果ててい […]

毎日をいきいきと過ごすための方法を知っていますか??

毎日をいきいきと過ごすための方法を知っていますか。 簡単です。 いやなことをすればいいのです。 「いやなことをする」と言っても、人が不快になったり傷ついたりするようなことをしましょう、ということではありませんよ。 誰もが「いやだな」とか「や […]

【山崎拓巳】世の中は、たらいの中の水と一緒だ

誰かの文章を見たとき、「ここは“です”で言い切ったほうがいいんじゃないの」と思ったりした人は、文章の人です。 料理を食べたとき、「わたしだったらここまで火をいれないのに」と思う人は、料理の人です。僕たちは食べても、「そう言われると、そんな気 […]

本田健「読むだけで心がラクになる言葉」

苦しみのスパイラルに落ち込んだときに有効なのが、自分のためではなく、誰か人のために祈ることです。 祈るというと、宗教的な香りがするかもしれませんが、どの神様を信じていても、神様などまったく信じていなくても大丈夫です。 アメリカの研究で、こん […]