不運を不幸だと考える必要などないのだ。

私は仕事についてすべて計算ずくで行うが、ヒット作品というものはだいたい苦労に比例しない。 悩んで、悩んで、悩み抜いて考えてつくった作品があまり売れなかったり、ふとした瞬間に閃(ひらめ)いたキャラクターがヒットしたりする。 この仕事についてい […]

“幸福行き”のバスの乗り方

ふしあわせだと思うのは、 人生が自分の思ったとおりにならないからです。 「こうなるのが当然だ、こうなるはずだ」という期待に、 すべて答えてくれる人生というのはないのですが、 私達はそうは思わず、ただ自分は、 ふしあわせな人間だという結論を出 […]

がんばらなくてもうまくいく考え方

悩みを抱えている人の多くが、この世には「幸せな人」と「不幸せな人」がいると考えています。 でも、本当は誰の人生もアクシデントやトラブルの連続なのです。 もしもあなたが「自分だけが報われない」などと考えているとしたら、それはネガティブな思い込 […]

過大な期待は不幸のもと

過大な期待は不幸のもとです。 どんなことでも、期待しすぎるとがっかりするものです。 期待の大きすぎる人は、毎日失望しながら生きていかなくてはなりません。 わたしと夫はよく試写を観にいきますが、 そのときは批評など何も読まずに白紙の状態で見る […]

欲求を叶えるための鍵

あなたは幸せを意識するあまりに、不幸な感覚になることはありませんか? 実は、幸せな理想を思い描けば思い描くほど、「それが実現できていない自分」を感じやすくなるのです。 つまり、頭では幸せを目指しているようで、常に意識は不幸に焦点が当たってい […]

今を幸せに思えないという悩み

最近、今を幸せに思えないという悩みをよく耳にします。 これから先どうなるか心配されていたり、嫌な思い出がどうしても忘れられないという方もいらっしゃるかと思います。 仏教では、過去や未来ではなく、今ここでの出来事に集中することが大切だと考えま […]

斎藤一人「不幸な大丈夫なことだ」

この世の中で一番不幸なことは、自分のことを「大丈夫だ」と思えないことです。 そしてさらに不幸なのは、まわりにその人のことを「大丈夫だよ」と言ってあげられる人がいないことなんです。 人間はもともと等しく「大丈夫」なようにつくられています。 学 […]

過大な期待は◯◯のもと

過大な期待は不幸のもとです。 どんなことでも、期待しすぎるとがっかりするものです。 期待の大きすぎる人は、毎日失望しながら生きていかなくてはなりません。 わたしと夫はよく試写を観にいきますが、 そのときは批評など何も読まずに白紙の状態で 見 […]

神様は「私は不幸だ。ツイていない」と言う人を応援しない

神様は、「私は不幸だ。ツイていない」と言う人を応援するようには思えません。 逆に「私は幸せだ。ツイている」と言う人、そう口にできる人を応援するように思えます。 たとえば、家族の前で「私くらい幸せな人はいない。私ほどいい人生を送っている人はい […]

幸せな人と不幸な人

不幸せな人は、よくわからない事情に出くわすと、 決まって否定的な見方をします。 たとえば、人から親切にされても、 理由がはっきりしないと何か下心があるに 違いないと考えるのです。 一方、幸せな人は同じ状況でも、 「本当に親切な人だ」とよいほ […]

すべての逆境、失敗、不幸な体験は・・・

すべての逆境、失敗、不幸な体験は いずれも不運に見えるが、実際には幸運になりうる。 なぜなら、それらには不運と同等以上の幸運の種子が内包されているからである。 失敗と挫折。 この2つは、すべての人間を謙虚にし、 理解力と知恵を身に付けさせる […]

宮永博史「幸運と不運には法則がある」

夏目漱石の弟子で物理学者であった寺田寅彦は随筆の名手としても知られています。 また「天災は忘れた頃にやってくる」という有名な言葉も残しました。 その寺田寅彦に『科学者とあたま』という随筆があります。 一般的にいわれる「科学者は頭がよくなくて […]

1 2