リーダーは頭脳明晰で容姿端麗である必要はない

リーダーは頭脳明晰で容姿端麗である必要はない。 リーダーに必要なのは、すぐれた人格だ。 すぐれた人格をもつリーダーは、競争力を発揮することができる。 一方、すぐれた人格をもたないリーダーは競争力に欠け、大きな成果をあげることができない。 リ […]

1にバイタリティ、2に楽天性、3に絶えざる自己修練

明治4(1881)年11月12日、明治新政府の事実上の首班である右大臣岩倉具視(ともみ)(47歳)を団長に、総勢107名(使節46名、随員18名、留学生43名)の使節団が欧米諸国を目指して横浜から出発した。 約300年続いた江戸幕藩体制を実 […]

精神的に不安定なリーダー

精神的に不安定なリーダーは、本人はもとより、部下にとっても組織にとっても危険な存在である。 リーダーという立場が、人格的な弱点を増長するからだ。 人生において抱えているマイナス要因が何であれ、それは人びとを導こうとするときに耐え難いほど大き […]

「完璧なリーダー」は、もういらない

「今日から、あなたがチームのリーダーです」 職場や学校で、ある日突然そう言われたら、あなたはどうしますか? 「望むところだ!」と気合を入れる? 自信はなくても、「頑張ります」と、挑戦してみる? 「私には務めあげる自信がありません」と、辞退す […]

リーダーの条件

リーダーの条件とは、周囲を笑顔にする力。 つきつめると、案外、それしかないかもしれない。 かつて、写真家の白川由紀さんが、そんなことを私に教えてくれた。 アフリカ大陸を単身歩き、見たこともないような鮮やかな色の空や大地を撮り続けていた白川さ […]

リーダーの定義付け

私は、リーダーをこのように定義づけています。 「大切な誰かを育成する責任がある人」 ですので、経営者はもちろんですが役職が係長でも課長でも部長でも、誰かを直接育成する責任を背負っている方を本書では「リーダー」とさせていただきます。 どんな企 […]

無私 利他

リーダーと呼ばれる人間が第一に身につけるべきは、誠心です。 カネや地位、権力、策略は、一点の曇りもない誠心誠意の志に歯が立ちません。 偉業というものは、西郷隆盛がそうであったように、高潔で清らかな思いがあってこそ、初めて成し遂げられるもので […]

足元の品格

昔々、魏(ぎ)の国の王様が斉の国の王様と、あるところで出会いました。 さっそく魏の国の王様は、斉の国の王様に自慢話を始めました。 私の国には夜も照らすような大きな素晴らしい珠(たま)が十個もあると。 斉の国の王様は答えました。 「私の国には […]

稲盛和夫「リーダーの条件」

もう1つ、リーダーの条件を申し上げます。 部下からの申し出、意見をただ、「いいわ、いいわ」と認めていたのでは会社は決してうまくいきません。 優しい情愛に満ちた人であると同時に、すさまじい厳しさを兼ね備えた人でなかったら、社長なんて器は務まり […]

人の数だけリーダーらしさがある

誤解されがちなのは、リーダーらしさが必要といっても、入試問題の正解のように、ただ一つの「正しいリーダー像」があるわけではないということです。 むしろ、人の数だけリーダーらしさがあると言ったほうがいいかもしれません。 自分のアイデンティティ、 […]

1 2