直線が“最短距離”とはかぎらない。

直線が“最短距離”とはかぎらない。 この地球上においては、何事もスムーズな直線では進まないということです。 時に歩みを止め、 時に逆行しながら進んでいくのです。 潮が満ちてくる時、それは引いては返しながら、 少しずつ進んでいきます。 木の成 […]

西野亮廣「勇気がないから一歩踏み出せない」

行動しない人間は、自分が行動しない理由を、すぐに「勇気」のせいにする。 「勇気がないから一歩踏み出せない」と言う。 これは違う。大間違いだ。 行動することに、勇気は必要ない。 子供の頃に一人で乗れなかった電車に、今、あなたが一人で乗れるよう […]

〇〇界のウォルマート

1962年に創業し世界最大の小売り企業となったウォルマートは、長年をかけて効果的な物流情報システムを構築しました。 1989年には年間最優秀小売企業にも選ばれたその優れたシステムは、小売業界内外の多くの企業から真似され、「〇〇界のウォルマー […]

管理しない会社がうまくいくワケ

マーク・バリフとポール・ハバードは、世間でも評判の高いヘルスケア関連会社の共同CEOである。 彼らが組織をまとめあげるのに活用したのは “外向き思考のアプローチ”だった。 これは、数年前に彼らがニューヨーク市の由緒ある未公開株式投資会社の経 […]

成功者はなぜ、帝王学を学ぶのか

未来が見えていない経営者の会社は倒産します。 大企業であっても、今の時代は倒産します。 実際、この20年間で30を超える大企業が倒産しています。 中小・零細企業に至っては、毎年1万~1万5000件以上、データが取れない夜逃げや休眠会社を含め […]

樫の大木は一夜で大木になるわけではありません

自然には常に時間がかかります。 樫の大木は一夜で大木になるわけではありません。 大木になる過程で、多くの葉や枝や皮を失ったりもしているのです。 ダイヤモンドは一週間で出来上がるわけではありません。 宇宙の価値あるもの、美しいもの、威厳あるも […]

顧客の関心の奪い合い

昨今のマーケティングの重要課題は、顧客の関心(アテンション)の奪い合いです。 経済が成熟化した結果、多数の商品が市場に溢れるようになってきたからです。 競合とは明確に違うことを行い、顧客に強く印象づけることが求められているのです。 スティー […]

ビジネスにおいての最大の戦略は競争の排除

「ビジネスにおいての最大の戦略は競争の排除」 しのぎを削る競争だと思っているから、豊かなビジネスができないのです。 ビジネスにおいての競争は、苦労が多く、疲弊するわりに、手にする価値は少ないものです。 誰も得をすることはありません。 生き残 […]

斎藤一人「道端のウンコ」

一人さんがしてくれるお話に、「道端のウンコ」の話があります。 「なぜか道端で見つけたウンコばかりに気を取られる人がいるの。 ウンコの色がどうの、ウンコの形がどうのって、ああだこうだ言うけど、ウンコはどうでもいいの。 道端には、きれいなお花も […]

ビジネスを継続的に繁盛させるコツ

ビジネスを継続的に繁盛させるコツとして、相手に得をさせ続けることがある。 いかに自分が得をするかではなく、いかに相手に得をさせるかが商売繁盛の秘訣なのだ。 少し世の中を見渡してもらいたい。 いかに自分が得をするかだけを考えている連中であふれ […]

これから起こる「ビジネスサイクルの短命化」

デジタル革命の波に飲み込まれたときに確実に起きることは何だろうか? 結論から言うと、破壊的イノベーションというのは予想ができないことが起こるから破壊的なイノベーションなのである。 だから確実なことは何もないというのが正解だ。 ただ、過去のデ […]

日常の延長線上にあるビジネス

これからのビジネスは、一部のカリスマ経営者や、一部の天才クリエイターがつくるものではないと思います。 日常の延長線上にあるのです。 バブル期に成功した人たちは、当時の成功体験を引きずっている場合が多いようですが、今すぐそれを捨て去るべきです […]

1 2 3