サンクコストの過大視

《あなたは1億円の予算で新しいサービスの開発をしています。すでに8000万円を投資して、完成まであと残り20%、というところまで来ています。しかし、競争相手の会社が、あなたのサービスよりも明らかによいものを出してきました。客観的に分析したと […]

ビジネスモデルの大転換

いま、世界のビジネスモデルは大転換しようとしている。 これに伴って、組織のあり方や人々の働き方も大きく変わる。 そうした変化を先導できる国や企業や個人が発展し、変化に対応できない国、企業、個人が遅れを取り、衰退する。 大航海時代から産業革命 […]

質問です。100-1の答えは?

質問です。100-1の答えは? ビジネスの世界では正解は99ではありません。0です。 ビジネスの基本は相手から信用を得て信頼関係を構築することです。信頼がなければビジネスの土台にも上がれません。 (中略) 信用がつき始めたのは、当たり前のこ […]

ビジネスはゲームだ

信長 ビジネスにおいてもゲーム感覚が役に立つということですが、これに関して、もう少し詳しく教えていただいてもいいですか? 一人 やっぱり、なんといってもお金を稼ぐのに一番大事なのは、集中することだからね。 信長 それは、まるでゲームをするよ […]

一番嫌うもの「ドタキャン」

私たちが一番嫌うこと・・・。 それは「ドタキャン」。 アポイントの予定を、土壇場になってキャンセルされることです。 当然ですが、自分もドタキャンだけはするまい・・・と常日頃から心がけています。 ここでこだわりたいのは、ドタキャンが「人の時間 […]

できるビジネスマンは、例外なく「話が短い」

私はスクール運営、企業研修、外部講演も合わせると、年間約3000人にお会いしています。 その中で一つだけ確実に言えることがあります。 それは、『できるビジネスマンは、例外なく「話が短い」ということ』。 常に結論がハッキリしています。 発言も […]

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由

実はいま、スタンフォードやハーバードなどの米国のMBAトップスクールに通う人たちの間で人気が高まっている授業に、「デザイン」があります。 「え?ビジネスマンがデザインなんて、本当に学べるの?」という声が聞こえてきそうですが、ビジネスキャリア […]

メタ認知力とは

メタ認知力という言葉をご存知でしょうか。 一言でいうと、「何かを認識している自分」を認識する能力です。 このメタ認知能力を活用する例として、「自分が何かを成し遂げたいときにはまず、成功のイメージを描く」ということが挙げられます。 アスリート […]

稲盛和夫「視野を広げる」

個人で、自分だけよければええと思っている場合と、個人を超えて家族を大事にしよう、家族をよくしようとした場合には、自分だけじゃなしに、家族という視野に見方が拡がるのです。 そしてさらに、家族だけやなしに会社を、会社の従業員も大事にしてあげよう […]

斎藤一人「なにやっても不安な人」

誰がなんと言おうと、明らかに世の中はよくなっています。 松下幸之助さんの話ではありませんが、宇宙はちゃんと生成発展している。 たとえば今より少し前、江戸時代のことをちょっと考えてみましょう。 江戸時代は将軍様の家にだって、扇風機なんかありま […]

「最適規模」や「最適値」

科学用語のひとつに、「最適規模」や「最適値」という言葉があります。 ある環境の中での最適な数や量のことで、長いスパンで見れば、自然界ではきわめて巧妙にこの最適規模、最適値が守られています。 たとえば動物は、置かれた環境の中で数が増えすぎると […]

直線が“最短距離”とはかぎらない。

直線が“最短距離”とはかぎらない。 この地球上においては、何事もスムーズな直線では進まないということです。 時に歩みを止め、 時に逆行しながら進んでいくのです。 潮が満ちてくる時、それは引いては返しながら、 少しずつ進んでいきます。 木の成 […]

1 2 3