仕事と遊びは一緒にできない?

クリエイティブな仕事には、真剣な時間と遊びの時間がある。 往々にして最善の結果が出るのは、両者をうまく組み合わせた時なのだ。 一方、遊びと仕事をきっちり分けるのは、現実的でないばかりか、害さえ及ぼす。 研究により、子どもでも大人でも、仕事と […]

世界中の人々を自己変革に促した

現代社会には悪しき風潮が蔓延している。 私たちはそれを認識し、自分が少しでもあてはまるなら謙虚に反省して、それにかわる3つの新しい価値観を確立しなければならない。 1. 言い訳や責任転嫁ではなく自己責任 間違った選択をしたら、その結果は自分 […]

隠れたチャンスの見つけ方

私たちはついこう言ってしまう。 「もっと体力があれば、毎朝ジョギングするんだがなぁ」 それじゃだめ!まず、走り出さないと。 「やる気が出れば宿題をすませるんだけど」 それもまちがい。 「元気があれば、事業を始めたい」 それじゃできるわけない […]

小さなことに時間をかける

どんな小さなことにも、必要なだけの時間をかける。 急ぎ足の人生は願いさげだ。 私たちが「充分な時間がない」と思いこんでいる限り、 時間が足りるなんてことはない。 だからエレベーターに駆け込み、電車に駆け込み、 電話の合間にあわただしく昼食を […]

肯定的人生観のすすめ

いい過去を築いてきた人はやはりいい人生を歩む可能性が高い。 今ある自分というのは、 今まで生きてきた積み重ねの上に成り立つものである。 今ある人間関係は、まさに自分の今までの生きてきた過程のなかでつくりあげられたものだ。 いい過去を持ってい […]

物事のとらえ方には五段階

一般的に辛い、悲しいと思われる出来事も、見方を変えれば優しさを取り戻すための病気であり、謙虚さを取り戻すための事故だった、ということにもなります。 ですが、今、何事も起きていない段階で、優しさや謙虚さを取り戻した人は、病気や事故の必要がなく […]

君のやる気スイッチをONにする遺伝子の話

今、世界で最もいいといわれている国はどこかというと、日本はナンバー1かナンバー2なんですよ。 それはなぜか。 日本は第二次世界大戦という大戦争に敗れて焼け野原になりました。 原爆を二度も落とされて、日本はもう立ち上がれないと誰もが思っていた […]

切り札は使ってこそ意味がある

思いきって購入した高い服に、 なかなか袖を通せない人がいる。 「これはもっと特別なときに着よう」 「こんな近所で着るのはもったいない」 「もし、汚したり破いたりしてしまったら大変だ」 そうこうしているうちに、タンスの不良在庫となり、 気がつ […]

六人の人生の達人の言葉

六人の先哲の語録編纂(へんさん)を終えて、しみじみと湧(わ)き上がってくる感興(かんきょう)がある。 六人の人生の達人の言葉は、煎(せん)じ詰めれば一に帰するという思いである。 その一とは何か。 それは、 「花は香り 人は人柄」 ということ […]

「感情シグナル」がわかる心理学

「相手の関心を引きつけるよりも、 相手に関心を持つことが大事」 私の30年の研究からも、 これ以上のアドバイスはないと、断言できます。 デール・カーネギーは、 「他人の関心を引こうと2年間努力するよりも、 他人に関心をもとうと2ヶ月間努力す […]

イヤな人間や会社だけど、お金や仕事をくれるからいいや

「イヤな人間や会社だけど、お金や仕事をくれるからいいや」 というのが、今の人の感覚です。 でも、そこからもらう運は持続しません。 たいがいその場その場で終わりです。 イヤな気持ちをどこか抱きながら仕事をしても、 ヤル気が起きないし力も出せま […]

すごい読書術

速く読もうとすることが習慣化してくると、結果として一度に頭の中に残る情報量も増える可能性が出てきます。 脳は周りの環境に適応しようとする特性があるからです。 たとえば、自動車の免許を取得するとき、必ず皆さんが勉強することの一つに、体感スピー […]

1 2 3 7