「大ケガするぞ」「大病するぞ」とか無視しよう

予言者や、よく当たるといわれた人から「大ケガするぞ」「大病するぞ」というような悪しき予言を聞いたときは、まったく信じる必要がありません。 「それ、起きません」 と宣言します。 それを言った瞬間から、あなたはそのことを祈るようになります。 悪 […]

愚痴、泣き言、つらい話ばかり

十年間、うつ病で苦しんでいた人がやってきました。 少し話をしました。 うつ病で苦しんできたのはわかりますが、その人の口から出てくる言葉が、どれも暗い話です。 愚痴、泣き言、つらい話ばかりです。 職場へ行くと、ある人間とうまくいかない、怒鳴っ […]

プラス思考の一つの危険な兆候

最近のプラス思考には一つの危険な兆候が見られる。 それはプラス思考が一貫していないことである。 好ましい状態ではプラス思考で考えるが、 悪いことが起きるとそれをやめてしまう。 それでは少しもプラス思考にならない。 本当のプラス思考とは、とく […]

小さいことにくよくよするな

小さいことにくよくよしない生き方の秘訣は、 ふだん大騒ぎしているほとんどが じつはたいしたことではないと気づくことだ。 私たちは何か起こると、 すぐに度を失って大げさに騒ぎ立てる。 事実を深読みし、分析ごっこにはまり、 最悪の事態を想像して […]

自分の話なんかどうせ聞き入れてもらえないから

「自分の話なんかどうせ聞き入れてもらえないから…」 「わたしが何を言っても、その通りにならないから」 過剰「話力」期待症などと難しい名前をつけましたが、 こういう人たちは誤解しているのです。 話せば人がすぐ納得して動いてくれる、なんてことは […]

脳にはネガティブな情報のほうに価値を見出しやすい

まず認識していただきたいのは脳にはネガティブな情報のほうに価値を見出しやすい傾向がある、ということです。 この効果を「ネガティビティ・バイアス」と言います。 心理学者のジョナサン・ハイトは自著『しあわせ仮説』でこのように述べています。 「人 […]

夜のクヨクヨより、朝のクヨクヨ

私は「夜のクヨクヨより、朝のクヨクヨ」を提案しています。 夜、悩みはじめてしまうと「この世の終わりだ」と落ち込んでしまうようなことってありますよね。 そんなときは、どんな出来事に直面しても、「朝クヨクヨしよう」と決めてしまって、夜はさっさと […]

「ですが」「しかし」「でも」「だけど」

人に好かれたいと思うなら、 いますぐに 「ですが」「しかし」「でも」「だけど」 などという、言い訳がましい言葉を口にするのはやめてください。 それが幸運に恵まれた人になるための第一歩です。 そして何よりも大切なのは、 自分が謝なければならな […]

ネガティブな人を選んで交際する

世の中にこんなに大勢の人がいるのに、なぜわざわざネガティブな人を選んで交際する必要があるのだろうか? ドラマの不幸話が好きな人は別として、ほとんどの人にとって不平不満を聞かされるのは退屈で気が滅入るだけだ。 いつも陰気な顔をして口を開けば不 […]

悲しみのどん底にあるとき

悲しみのどん底にあるとき、人は弱り、疲れはて、無力感に打ちのめされています。 神に助けを求めても、なんのなぐさめも安堵も得られません。 そうやって人は悲しみのつらさと、祈りだけに頼ることの限界を知り、古い自己を捨てる道へと分けいっていくので […]

自分の感じる苦しみを、心の強さに変えて

『純粋理性批判』などの著作で、哲学の認識論に転換をもたらしたカント。 彼は幼い頃から病弱で、十分に医者にもかかれず、17歳のときまで毎日「苦しい、苦しい」と言って過ごしていました。 ある医者が村にやってきたとき、カントは気休め半分で診察を受 […]

1 2 3 6