神様を呼び出すには電話番号がいる。

神様を呼び出すには電話番号がいる。それがマントラ、真言だ。 お地蔵さんのご真言は「オン カカカビサンマエイ ソワカ」サンスクリット語だと、とても分かりやすい。 「Om ha ha ha vismaye svaha」オーン ハ ハ ハ ヴィス […]

感謝のエネルギーは想像を超えて作用する

そして大切なこと。 それは、過去の自分と比べないこと。 肉体は若いうちが華(はな)です。 でも若いうちは経験値も低いもの。 年を取ると経験値が上がりますが、逆に肉体は衰えます。 肉体と経験値はトレードオフ(何かを得ると何かが犠牲になる)の関 […]

「諦」は、「悟る」ことと同じ意味

「あきらめる」は、「諦める」と書きます。 「諦」は、「悟る」ことと同じ意味です。 ふだん使う「断念する」意味ではなく、「つまびらかに見る」「明らかに見る」、仏の智慧を表します。 明らかに見るときに一番大事なのは、「苦しい」「つらい」という感 […]

悪魔とのおしゃべり

「右手が欲しい」という願いをどうしても叶えたいなら、まずはそいつの右手を1回へし折るしかないよな? そういうことだ。 願いを叶えるためには、「その願いが叶っていない状態」が絶対に必要になるのさ。 まだ叶っていないからこそ、【夢を叶える】こと […]

微笑みの首飾り

本当にすばらしい年長者として敬われたいのなら、場所が変わるとともに自分の気持ちを切り換えて、普通の人なみの扱いで当然だと思い、また普通以上に扱われた場合は、それをありがたいことだと感じなければいけないはずなんですね。 そういうふうに思ってい […]

人はなぜ、生まれてくるのでしょうか?

人はなぜ、生まれてくるのでしょうか? これを子どもたちに聞くと、「人の役に立つため」、とりわけ「家族を幸せにするため」という答えが多いです。 臨死体験をされた方々の複数の証言によると、死後、閻魔様(えんまさま)の前で聞かれるのは、次の2つの […]

すごく嫌なことがあった

「この前、すごく嫌なことがあった」と言っている人の顔は、本人は気づいていなくても、「頼まれにくい顔」になっています。 「この前、すごく楽しい出来事があったんだよね」と言っている人の顔は、「頼まれやすい顔」をしています。 それを何十万回も繰り […]

命とはエネルギー体

命とは、目には見えないけれど確かに存在する、エネルギー体のようなものです。 では、そのエネルギーはどこに存在するのかということですよね。 僕は長年、命の尊さを伝えることを使命として、「命の授業」というタイトルで全国の10歳の子ども達と交流し […]

子どもたちの「胎内記憶」

私は産科医として、母子の心身に健やかなお産を模索するうち、子どもたちに「胎内記憶」(子宮にいたときの記憶)があることに気づきました。 私の調査によると、小さな子の約2割に、胎内記憶があります。 さらにその前の記憶、つまりお母さんに宿る前のこ […]

イエス・キリスト「永遠のものを求めるように説いた」

「まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう」(マタイによる福音書:6章33節)と説くイエスの言葉はまったく正しい。 この言葉は、日ごろ民に施し、奉仕するよう訴えているときに、イエスが頭のな […]

斎藤一人「人は何度でも生まれ変われる」

人は何度でも生まれ変われる…。 私はそう、思っています。 だから、今世でできないことがあったら、来世でやればいいんです。 でもやっぱり、今世は一度限りです。 そんな一度限りの人生を生きる思いを表したのがこの詩です。 『絶対なる肯定 絶対なる […]

1 2 3 4 5