手っ取り早くヤル気を引き出す方法

脳のなかには「やる気」を生み出す側坐核という場所があります。 ここの細胞が刺激を受けるとやる気が生まれるのです。 ですがこの場所はあまり反応がよくないため、何らかの方法で刺激を与えてやる必要があるのです。 その一番手っ取り早い方法が「とりあ […]

なぜ小事が大切なのか。

「大事を成さんと欲すれば、 小なることを怠らず努べし。 小積もりて大と成ればなり」 こう言ったのは、かの二宮尊徳翁である。 世の中はとかく小事を厭い、大事を欲するが、 本来大事というものは、小事の積もったものである。 なぜ小事が大切なのか。 […]

ぼくたちは習慣で、できている

やる気を出すには「まず始める」ことが重要。 まず始めるためにはどうするか。 それには徹底的にハードルを下げることが重要だ。 始めることの難しさは、いろんな物理の比喩が用いられてきた。 車輪は回り始めるときにいちばん大きな力が必要で、一度回転 […]

自分だけが損をしていると思い込みがち

多くの人はそれほど「頑張った」わけではないのに、 自分だけが損をしていると思い込みがちなのです。 それは、自分以外の人や組織が「得をしている」ように見えるからですが、 実はそんなに差がなかったりします。 よくいう「隣の芝は青く見える」という […]

人間関係が悪くなるきっかけ

人間関係は、 知り合った瞬間から悪いというケースはあまりありません。 多くの場合、 知り合ってある程度時間が経ってから、 なんらかの行き違いや誤解、 勘違いで問題が生まれるのです。 しかもその行き違いは、発生当初は 「まぁ、いいか」 という […]

君のやる気スイッチをONにする遺伝子の話

今、世界で最もいいといわれている国はどこかというと、日本はナンバー1かナンバー2なんですよ。 それはなぜか。 日本は第二次世界大戦という大戦争に敗れて焼け野原になりました。 原爆を二度も落とされて、日本はもう立ち上がれないと誰もが思っていた […]

「やる気ホルモン」が分泌

《ユーモアで人を笑わせると「やる気ホルモン」が分泌される》 これまで私がブレることなく「やる気モード」を持続させることができたのは、いついかなる場所、どんなときであっても、周囲の人たちを笑わせてきたからに他ならない。 とにかく大優先で、目の […]

口に出して幸運をつかむ「奇跡の言葉」

人から褒められると、誰しもうれしいものです。 自分は認められていると思えば、 うれしいだけでなく元気もでてきます。 やる気もでてくる。だから成績もよくなる。 仕事もできるようになる。 プラスの言葉を使うということは、 自分で自分を褒めている […]

元気は、ためられる?

ペンシルベニア大学ウォートン・ビジネススクールの教授アダム・グラントが、大学院時代に同大学のコールセンターで働く職員のモチベーションを調べたとき、なにが起きたと思います? コールセンターの職員たちは、一日中卒業生に電話して、奨学金のための寄 […]

やる気を失わせる大きな影響力を持つ言葉

「人生でもっとも喜ばしいのは、 君にはできない、と思われていることを やってのけること」 ウォルター・バジョット(経済学者) 「挑戦するだけ無駄だよ」 「できないって」 「本当にしたいの?」 「かわりにやってあげようか?」 「なんでそんなこ […]

人間は何かやりたくなると力が湧いてくる。

〈人間は何かやりたくなると力が湧いてくる。 凧を揚げたくなれば、冷たい風もきにならない。 山登りをしたいという心がある限り重い荷物も気にならない。 しかし持たされた荷物だったら重くて仕様がない。 何でもやりたくなってやれば力が出てくる〉 多 […]

脳にある「やる気のスイッチ」

脳には、一度その行動を始めると、のめり込んでしまうという性質があります。 脳にある側坐核という部分がやる気の「スイッチ」なのですが、一度作業をやり始めると、この「やる気スイッチ」が入り、やめられなくなってしまいます。 テスト勉強中に始めた掃 […]

1 2