斎藤一人お金の神様に好かれる人のスゴい口ぐせ

斎藤一人

多くの人は、本当に絶好調じゃないと「絶好調」と言ってはいけないと思っているでしょう?

それは、間違いなんです。

一人さんは風邪で熱があっても、たとえば仕事に行き詰まったとしても、

『絶好調だ、今日は調子いいね』

と言います。

普通の人は100%調子がいいときに「絶好調」って言うんだよね。

でも、一人さんの「絶好調」は20%以上って決めています。

だから、毎日が絶好調なんです(笑)。

言葉には、霊(=たましい)が宿っているもの。

これを言霊(ことだま)というのですが、いい言葉を言っていると、その言葉どおりに物事が動いていきます。

「絶好調」と言うと自然に、絶好調なパワーが湧いてくるものなんです。

特に「絶好調」は病気をしたときに使うといい。

「つらい」「痛い」と言っていても病気がよくなるはずがありません。

「絶好調」「絶好調」って言っていればね、病気も勘違いして、「なんだ、この人元気なんだ」って逃げていくものなんです。

仕事だって、同じこと。

一人さんのように「絶好調」「絶好調」って言っていると、「絶好調」の人が集まってきて、「絶不調」は逃げてしまう(笑)。

現に一人さんの会社は、バブルのときも不景気が続いたときも、右肩上がりで業績を伸ばしています。

気づけば、自然と仕事もお金もやってくるのです。

ここで、いいことを教えましょう。

仕事で評価されていないと思うときは、いつもより大きな声で話すといい。

私の経験からすると「ドレミファソラシド」の「ソ」の音が、ちょどいい音程なんです。

今から、ソの音で、

『絶好調、いいね』

って言ってみてください。

見違えるように、どんどん、絶好調になっていくから。

『斎藤一人お金の神様に好かれる人のスゴい口ぐせ』宝島社