無能 唱元 「小さなサトリ」

banner02
考え方 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

ある大成功を収めた実業家は、

「成功するには、たった一つの秘訣を守れば良い。それは、『私は困っていない』と思うことだ」

と述べたそうです。彼が言うには、

「成功に導くものは、才能でも、努力でも、苦労でもない」

そしてそれは何かというと、その秘訣はとても簡単なことで、「私は困っていない」と思うことだというのです。

「私は、今、別に困っていない」とこう思えたとき、あなたは成功への道を、すでに、一歩踏み出しているのだ、というのです。

これは正に至言(しげん)だと、私は思います。

なぜなら、アラヤ識に収められた願望が実現してこないのは、心が「困ったこと」を抱いていることによる場合がほとんどだからなのです。

「困ったという思い」は、感情を暗くします。

そして、この情念の暗さは、「成功したい」という思念の力を打ち消してしまうのです。

因(いん)の縁(えん)が生起するためには、「陽の思念」と「陽の情念」がドッキングする必要があるのです。

誰しもが、「成功したい」「健康でありたい」などの陽の思念を持っています。

ところが、陽の思念を持ちつつも、同時に何らかの問題を心に抱えているのです。

この場合、その問題が「困ったこと」として、心の中に居住する限り、陽の思念は、陰の情念に滅ぼされてしまい、

それは「念力」として、外部に発動していくことはありません。

私たちが、困った問題に出会ったとき、その問題と向かい合って、じっくりと観察し、

考えてみれば、実は別に「困ってなどいない」ことに気がつくはずです。

なぜなら、どんな問題があったところで、「それでも、私は生きている」からなのです。

生きている限り、他のすべては問題ないのです。

たとえば、登校拒否の子供を持つ親の立場に立って考えてみましょう。

子供が学校へ行かなくても、親のあなたは、別に困ったりはしないのです。

食事はできるし、住む所もある。

生きていることに差し支えありません。

ただ、子供が学校へ行かないだけです。

人生の他のすべての問題について考えてみると、それらのほとんどは、生死に関係ないことなのです。

また、よしんば、それが生死に関係あることにせよ、死がどうにも逃れ得ざるものなら、

それを「困ったこと」として捕え、苦しみ、悩むのは、不幸なことなのです。

なぜなら、人生における不幸の実態とは、心の中に「困ったこと」を抱えていることにほかならないからなのです。

引用:小さなサトリ
無能 唱元
河出書房新社