本田直之「捨てられないもの」の大半はなくしても気づかない

banner02
掃除 いいため話
画像:http://free-photos.gatag.net/

部屋にモノが増えていくと、思考がまとまらなくなってくる。

とっておくべきか迷ったモノは、無条件に捨てた方がいい。

3秒以上考えない。

いつの日か使うかもとも考えない。

いつの日かは、まずやってこないし、もしそういう日がきたら、そのときに考えればいい。

ポイントは、前回いつ使ったかだ。

1年以上使っていないなら、それは確実に自分にとって「いらないもの」だ。

去年一度も着なかった服は、値段に関係なく捨てる。

どうせ来年も着ないからだ。

来年になったらどうせ新しい服がほしくなる。

どうしても判断つかない場合は、段ボールに入れる。

そして1年後までに、その段ボールを開けることが一度もなかったら、未開封のまま段ボールごと捨てる。

そうやって思いっきり捨てていってみると、家の中は価値のあるものだけが残るようになる。

モノを減らせば、家の風景ががらっと変わる。

明るくなり、風通しがよくなり、思考が軽くなる。

《迷ったら、捨てろ》

引用:本田直之 著
『思考をやわらかくする授業』サンクチュアリ出版