何かを得ようとしたら、何かを手放さなくてはいけない

いいため話 赤ちゃん
画像:http://free-photos.gatag.net/

「何かを得ようとしたら、何かを手放さなくてはいけない」

ということは多くあるものです。

一つを選べば、他は捨てるということになります。

さあ、その時にどう考えればいいでしょうか?

せっかく手をしたものを、

一時的にせよ手放すのだと考えると、イヤになってしまいます。

そう、

もともと生まれてきた時、

この世にたった一人で

誕生した時には、

誰1人、何もなかったのです。

あったのは無形の「家族の愛」位のもので、

何も持たずに生まれてきたはずです。

だから、もとに戻ると思ったなら、

何も恐れることはないし、

本当はイヤになったりしなくていいということになります。

あなたも、「あるものを捨てる」などと考えると、

人生やりきれなくなってしまいます。

もともと何もないのが原点。

あとは、オマケであり、もうけものと思ったら、

グーンと楽になるはずです。

引用:2000年語り継がれる!人生に幸せをもたらす物語
箱田忠昭 著
フォレスト出版