こうして、思考は現実になる

思考 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

朝起きたら真っ先に「今日はきっとすばらしいことが起こる」と宣言することを習慣にしたら、人生に革命を起こすことができたのだ。

この宣言をするのにかかる時間は、せいぜいで10秒といったところだろう。

一見したところではなんてことない習慣だ。

でも私なら、朝の習慣のうち、シャワーかこの宣言かのどちらかをやめろと言われたら、シャワーをやめるほうを選ぶ。

そのくらい、大事な習慣だということを覚えておいてほしい。

この実験では、一日の始まりのほんの数分を変えるだけで、その日の台本を書きかえられるということを証明する。

不平不満で一日を始めるのをやめれば、あなたの毎日はまったく違う姿になるだろう。

喜びと感謝の気持ちで一日を始めることを習慣にすれば、やがて人生のすべてが輝きだす。

あなたは毎朝、真っ先にどんなことが頭に浮かぶだろうか。

「さあ、起きたぞ! パーティーの始まりだ!」というようなことを考えているだろうか。

それとも、「ああ、今日はこれをやらなきゃ、あれをやらなきゃ」などと思っているだろうか。

朝起きて最初にする思考は、とても強力な道具になる。

昨日のことは忘れ、ただただいつもの一日をくり返すことを拒否したときに訪れる「自然な喜び」を感じることができれば、朝いちばんの思考の力はさらに大きくなる。

宇宙は振動している。そして思考は現実になる。

だから、楽しいことを考えるのは、自分自身への最高の贈り物だ。

ここで大切なのは、その「いい気分」をできるだけ長く続けることだ。

_______

こうして、思考は現実になる2

パム・グラウト 著

桜田直美 訳

サンマーク出版