ずっと泥棒人生を送ってきた男がとうとう捕まって刑務所に入った。

banner02
男 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

ずっと泥棒人生を送ってきた男がとうとう捕まって刑務所に入った。

そこで、看守が尋ねました。

「どうしてお前は盗みの世界に足を踏み入れたんだい」と。

老いた泥棒がしんみりと語りました。

「小さい頃、そうねえ、まだ三つか四つの頃かな、母親に連れられて市場へ行ったのさ。

果物屋の前を通りかかったとき、なんの気なしに店の棚からリンゴを盗み、ポケットにねじ込んでしまった。

店のおやじには気づかれなかったが、母親は小さな息子の非行をしっかりと見ていた。

俺は、てっきり母親からこっぴどく叱られるものと子ども心に覚悟したが、そうじゃなかった。

母親はしばらく俺を見つめていたが、何事もなかったかのように俺の手を引いて店を立ち去った。

市場でも家に帰ったあとも母親は俺を一切叱らなかった。

そんな小さな事件から俺は悟った。

盗んでも親は叱らない。親は黙認してくれた。盗みは悪いことではない。盗みぐらいたいしたことではない。

それから俺の泥棒人生が始まったのさ」

このときの母親には、リンゴ一個盗んだ程度ならいい、これくらいのことは子どもだから大目に見よう、という甘さがあります。

この甘さは、子どもに対する期待レベルの低さを表しています。

子どもにすれば、どの程度のことなら許されるのか、絶えず親の反応をうかがいながら行動しているのです。

親が自分に対してどれぐらいのレベルを期待しているのかを見定めようとしています。

これは、親(トップ)の誠実さに対する意識が低ければ、子ども(社員)もまた、誠実さに対する意識が低い基準のままでしか育たないということです。

_______

「やる!」

唐池恒二 著

かんき出版