人生に運とツキというものは確かにある。

banner02
運 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

人生に運とツキというものは確かにある。

しかし、運もツキも棚ぼた式に落ちてくるものではない。

『安岡正篤一日一言』に「傳家寶(でんかほう)」と題する一文がある。

ここに説かれている訓(おし)えは全篇これ、運とツキを招き寄せる心得といえるが、その最後を安岡師は、「永久の計は一念(いちねん)の微(び)にあり」と記している。

人生はかすかな一念の積み重ねによって決まる、というのである。

新潮社を創業した佐藤義亮(ぎりょう)氏に、浅草で商いを手広く営む知人があった。

ある晩、その人の店が全焼した。

翌日、佐藤氏が見舞いに駆けつけると、なんと、知人は酒盛りをして騒いでいるではないか。

気が触れたか、とあきれる佐藤氏に、知人は朗(ほが)らかに言った。

「自棄(やけ)になってこんな真似をしているのではないから、心配しないでください。

私は毎日毎日の出来事はみな試験だ、天の試験だと覚悟しているので、何があっても不平不満は起こさないことに決めています。

今度はご覧のような丸焼けで、一つ間違えれば乞食(こじき)になるところです。

しかし、これが試験だと思うと、元気が体中から湧いてきます。

この大きな試験にパスする決心で前祝をやっているのです。

あなたもぜひ一緒に飲んでください」

その凄(すさ)まじい面貌(めんぼう)は男を惚(ほ)れさせずにはいない、と佐藤氏は言っている。

知人は間もなく、以前に勝る勢いで店を盛り返したという。

明末大儒、呂新吾は言う。

「精神爽奮(そうふん)なれば則(すなわ)ち百廃倶(ひゃっぱいとも)に興(おこ)る

肢体怠弛(したいたいし)すれば則ち百興(ひゃっこう)倶に廃(すた)る」

精神が健やかに奮い立てば、もろもろの廃れたことが一斉(いっせい)に興る。

手足身体が怠(なま)け弛(ゆる)むと、もろもろの盛んなことも一斉に廃れる。

運とツキを招き寄せる法則は古今に不変である。

最後に、大和ハウス工業の樋口武男会長から伺った話を付記する。

「人の道を守らない人間、親を大事にしない人間、恩ある人に砂をかける人間に、運はついてこない」

人生の真理はシンプルである。

『小さな人生論 5』致知出版社