四時の序、功を成したるものは去る

banner02
スパン いいため話
画像:http://publicdomainq.net

小さなスパンでは、不順もありますが、季節は確実にめぐっています。

「四時(しじ)の序(じょ)、功(こう)を成したるものは去る」

という言葉が『十八史略(じゅうはちしりゃく)』にあります。

四時というのは、春・夏・秋・冬のことです。

春は春の役割をしっかりと果たして夏にゆずっていく。

夏も、秋も、冬も同じです。

それぞれの役割を精一杯果たして、次の季節に移っていくわけです。

何千年、何万年と続く宇宙の摂理から、人間も逃れられません。

役割を果たした人は常に、次の人にバトンタッチして、冥界(めいかい)に移っていきます。

言い換えれば、いま、ここに生きている私たちは自分の役割を果たさなければならない、ということです。

どんな偉大な指導者も、哲人も一人で人格を形成した人はいません。

人は皆凡夫なり、と聖徳太子はいったそうですが、人は皆、縁の中でしか生きられない、その意味では人は皆一様に凡夫です。

一篇の詩が思い出されます。

どなたかの作かは知りませんが、時折、思い起こしては自らを省みています。

生きているということは、誰かに借りをつくること

生きているということは、その借りを返していくこと

誰かに借りたら、誰かに返そう

誰かにそうしてもらったように、誰かにそうしてあげよう

誰かと手をつなぐことは、その温もりを忘れないでいること

巡り合い、愛し合い、やがて別れのその時、悔いのないように今日を明日を生きよう

人は一人では生きてゆけないから

誰でも一人では歩いてゆけないから

『生きる力になる言葉』致知出版社