言われて傷つく「仕組み」のお話です。

banner02
傷つく いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

神さま「どうしてお前は『役たたず』とののしられて、傷ついたと思う?

お前が、自分のことを『役たたず』と思っているからじゃ。

他人がお前を傷つけたんじゃない、お前がお前を傷つけているんじゃ」

みつろう「お、今回もいい話が聞けそうな予感ですね」

神さま「例えばワシがお前に、『このナリキン野郎!』って言ったら、どう思う?」

みつろう「全然、傷つきませんね。ナリキンじゃないから」

神さま「そうじゃ。今、ワシはお前を傷つけようと思って、お前に文句を言った。

でも、お前は傷つかなかった。

なぜなら、人間は絶対にほかの誰かを傷つけることなんてできないからじゃ。

誰かが悪意でもって他人を傷つけようと行動しても、『傷』をつけることは絶対にできない。

本人以外にはな」

みつろう「この教え・・・なんとなく、わかるかも。

自分がそう思っているから、自分で傷つくのか。

でも、他人を傷つけることはできるでしょ?

殴ったりして」

神さま「できない。絶対に人間は他人を傷つけることはできないんじゃ。

例えば、お前を傷つけようと、誰かが殴ってきても、お前がそれにポジティブな意味を与えれば、そのできごとはポジティブとなる。

事実、ムチで叩かれることに快感を覚える人たちもいるんじゃぞ?」

みつろう「そ、それは変態の話じゃないですか!」

神さま「ワシから見ると、お前のほうがよっぽど変態に見えるぞ。

意味なんてない中立な現象を、常にネガティブにとらえつづけておるのじゃからな。

起こるできごとには、本来的に持ち合わせている意味なんて絶対にないのに。

『それを、どう思うか?』ただ、それだけじゃ。

他人の口を使って、お前が、勝手に傷ついとるだけなんじゃ」

みつろう「たしかに。『役たたず!』と言われた時、ムカついたけど、そのあと「のろま!」と言われた時、なんとも思わなかったですもんね。

自分のことを『のろま』だとは思ってないから。

俺が自分自身を『役たたず』と思っているから、傷つくのか」

_______

神さまとのおしゃべり

さとう みつろう 著

WANIBOOKS