自分が何を望んでいないかを特定するのは得意

banner02
悩み いいため話
画像:http://publicdomainq.net

たいていの人は、自分が何を望んでいるのか、よくわかっていません。

その代わり、自分が何を望んでいないかを特定するのは得意です。

「こんなのイヤだ」

「こんなの耐えられない」

「これは理想と違う」

このように感じられるものを発見して、文句を言ったり、話題にしたり、それが嫌いだと断言したとたん、

あなたはマイナスの波動を発し始めます。

すると〈引き寄せの法則〉があなたのマイナスの波動に反応して、同じものをあなたに運んできます。

「こんな上司はイヤだ」だとグチを言えば、その状況を引き寄せます。

「今の仕事は理想とかけ離れている」と思えば、

そういった仕事をますます引き寄せてしまうのです。

この〈対極〉という考え方はとても役に立ちます。

〈対極〉を認識し、自分が望まないものとして
特定することによって、

逆に何が望みなのかがはっきりするのです。

〈対極〉を発見できたら、

「それなら何が望みなの?」と自問しましょう。

その質問に答えることが、〈対極〉を利用して、

自分が何を望んでいるかを、はっきりさせることになるのです。

~~~

出典

[引き寄せの法則]

マイケル・J・ロオジエ 著

講談社 より