お金に嫌われない大成功の仕組み

お金に嫌われない

たいていの仕事ってね、暇より忙しいほうがいいんです。

それでも暇なときは、忙しい波動を出すといいんです。

ただ、忙しそうにすればいいんだよね。

例えば、私が洋服やさんをやっているとするよね。

それで、お店にお客さんが入ってくる。

そのとき、暇だからって「何をお求めですか?」なんて声かけちゃいけないの。

なぜかって言うと、お客さんは「的をかけられた」って感じるから。

そういうときは、よそで服をたたんだり、値札をつけかえたり、何でもいいから忙しそうにしているんです。

そうすると、お客さんはそれぞれ好きなように店内を見て歩く。

で、何か用事があるときは、「すいません」って呼ばれるから、そのきに初めて「はい、何でしょう」って言えばいいの。

「お店が忙しい=いいもの」

お客さんって、だいたいこんなイメージを持っているんです。

だから、お店の人は、いつも忙しそうにしなきゃダメなの。

お客さんを安心させるためなんです。

例えば、おそば屋さんで出前が忙しいとするよね。

そのとき、黙って出前していたら、相手には忙しいってわからないんです。

だから、配達ついでに、さりげなく「いやぁ、出前が忙しくてお待たせしちゃってすいません」ぐらい言うの。

それを言うか言わないかで、天と地ほどお店の印象って違ってくるんです。

忙しいお店だって思えば、お客さんは「ここは人気店なんだな、また注文しよう」ってなるかもしれない。

だけど、暇そうな店だと感じたときは、「次は違う店で注文しよう」と思うかもしれないよね。

それでね、相手に忙しいことが伝わったら、服装なんかもちょっとずつ変えるの。

相手は、ちょっと腕時計が変わっただけで「ここの店長さん、いい時計をしているから、このお店はもうかってるんだな」って気づくものなのです。

お客さんって、意外にいろんなことを見てるものなんです。

『斎藤一人 お金に嫌われない大成功の仕組み』マキノ出版