財布の色はどれがいいのか?

財布 いいため話
画面:http://publicdomainq.net

お財布の色に関しては、語呂合わせでいろいろと言われています。

黒い財布は「苦労」するから良くないと聞きます。

これはある意味当たっていて、お金がお財布から出ていくのが早いです。

黒い財布は入るほうに影響はなく、とにかくバンバン出ています。

「待ってぇ~!」と追いかけたくなるくらい、入った端から出ていく傾向があります。

赤い財布は「赤字」になると昔から言われてきました。

語呂合わせからすると、出費だけが多くなるような感じがするかと思いますが、入ってくるほうも少なくなります。

それまではお給料の他に臨時収入が時々あったとか、懸賞に当たることがあった、という金運を持っている人も財布が赤いと当たる率が下がります。

もちろん、出ていくほうもバンバン出ていきますから、お財布に入っている額が少なくなる、金運が降下する・・・それが赤いお財布です。

黄色は巷で言われているように金運が良くなる色ですが、ピカピカのキレイな黄色ではなく、黄土色のような、ちょっと茶色に近いかな?というくらいの暗めの黄色がいいようです。

お金が入ってくる回数が増えます。

ドッカーンと大金が入るのではなく、小さめのお金がチマチマと入ってきて、それで潤います。

茶色の財布はニュートラルで、入ってくるほうにも出ていくほうにもほとんど影響はありません。無難なお財布と言えるかと思います。

私のおすすめは紺色です。

意外かもしれませんが、この色のお財布は入ってくるお金が増えていきます。

人によっては、使用し始めの頃はほとんど何も変わらないかもしれません。

茶色と一緒かな~、と思うでしょうが、しばらくすると色の効力が発揮され、入ってくるお金がだんだん増えていきます。

ある日気がつくと、なんだかすごくお金を持っているんですけど?という状態になっています。

_______

神様が教えてくれた金運のはなし

桜井 識子 著

幻冬舎