品のある稼ぎ方・使い方

banner02
品 いいため話
http://publicdomainq.net/

「私だけが持っている」ことに喜びを感じるのは、品のない考え方です。

みんなで共有しようとするのが、品のある考え方です。

「共有」ではなく「占有」の考え方になると、ヤキモチをやきます。

ひとり占めして自分だけが得をしようとするのは、品のない行為です。

品は、共有しようとすることです。

「この会社はオレのものだ」と思っている経営者は、会社を社員と共有している意識がありません。

こういう人は、品のない社長、品のないリーダーになります。

「MY」ではなく「OUR」の考え方が、品になるのです。

自分とまわりを切り離して考えないことです。

「OUR」の考え方では、自分に利益が入らなくても、社員に利益が入ったら、それは自分に利益が入ったのと同じことになるのです。

銀行強盗は、お金の分配で仲間割れが起こることでしくじります。

リーダーの取り分が一番多い強盗団は、裏切りが起こります。

捕まらないのは、均等配分で文句が起きない強盗団です。

捜査する警察も巧妙で、3億円強奪されたら、新聞には「4億円強奪された」と発表します。

「3億円と聞いたけど、4億円あったんじゃないか。自分の取り分が少ない」と、仲間割れをさせるためです。

「警察のウソの情報に惑わされるな」と言った時に、信用してもらえるリーダーかどうかで分かれるのです。

奪い合うと、減ります。分かち合うと、増えます。

奪おうとすると、奪おうとする人を引き寄せます。

分かち合おうとすると、分かち合おうとする人を引き寄せるのです。

_______

品のある稼ぎ方・使い方

中谷彰宏 著

ぱる出版