ビートたけし「お金の使い方」

banner02
ビートたけし いいため話
画像:Yahoo!ニュース

お金との付き合い方は、師匠や先輩に教わったことが大きい。

飲み屋で後輩を見かけたり、挨拶されたりしたら、その飲み代をパッと払う。

店員には「内緒にしといて」と言って払って、サッと気づかれないようにして先に帰る。

そういうのは、渡哲也さんとかカッコいい先輩から学んだこと。

師匠の深見千三郎も粋だった。

師匠についていた時の話だけど、「師匠、寿司屋に連れてってください」と言ってもダメ。

「いいじゃないですか。おごってくださいよ」なんて生意気言ってた。

それでも師匠は「行かない」とテコでも動かない。

「ケチですね。寿司代ぐらいあるでしょう」と言ったら、「バカ野郎!祝儀がねえんだよ」って。

「あそこは職人が三人いるだろう。寿司代はあるけど、祝儀がなあ」

師匠は店の人にすごく気を遣う人で、必ず板前に祝儀をあげていた。

二人で寿司食っても二万はいかないけど、職人一人に一万ずつ払うから、その金がないって。

そのあたりが粋だと思ったし、勉強になった。

祝儀の渡し方というのも大事なんだ。

食べて、偉そうに「ほら、とっとけ」なんて渡すのじゃなくて、店を出てから弟子のおいらに「渡してこい」とやる。

「店にいる間に渡したら、『ありがとうございます』なんて、俺に気を遣って挨拶に来るだろう、バカ野郎。だから店を出てから渡すんだ」と、そういうしきたりみたいなものにはきっちりしていたし、うるさかった。

_______

バカ論

ビートたけし 著

新潮新書