貯金型商法

banner02
髪 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

お客さまから十万円もらって、十五万、二十万の仕事をすることです。

いただいたお金以上の商品やサービスを提供することです。

お客さまをはじめ、社員や取引先などの会社やお店に、期待値を超えるものを提供すること、それが貯金型商法です。

相手が求めている以上の価値をギブすることで、すべての人をファンにできます。

それが会社の強固な根となり、リピーターとなり、実(金銭的資産)をたくさんつけてくれるようになります。

例えば、立呑み屋でビールを五百円で提供しても、味がまずくてお客さまの気分を悪くさせてしまえば、借金型商法になってしまいます。

反対にクラブでたとえ一万円のビールを出してもお客さまの気分をよくさせることができれば、貯金型商法です。

大切なのはお客さまのお金の値打ちを上げ、お客さまのお金を大切にすることです。

価格よりも価値で決まるということです。

人間は理屈よりも気分を優先させる生きものなのです。脳の働きがそうなっています。

貯金型商法は様々な場面で実践できます。

私は経営者として、特に支払いにこだわり、期日に請求どおり支払うことを徹底してきました。

支払いをきちんと約束どおり支払うこと、なおかつ相手がその日に使えるように、一日前に現金で入金すること、また振込手数料もこちらで負担することなどを心掛けてきました。

支払うべきお金は相手方のお金です。

きちんと支払うことは相手のお金を大切にすることです。

_______

人間繁盛の法則

井本全海 著

致知出版社