「幸せになりたい」「豊かになりたい」

banner02
豊か いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

将来「幸せになりたい」「豊かになりたい」というビジョンを設定すると、僕たちは無意識のうちにこう考えます。

「未来において幸せ(豊か・成功している)ということは、いまはそうではない状態だ。つまり、いまは幸せでも豊かでもなく、成功もしていない」と。

こんなビジョンを設定すると、とても残念な事態になります。

ビジョンや目標を追いかければ追いかけるほど、ずっと「まだ、〇〇していない」世界に住みつづけることになってしまうのです。

1か月後も、半年後も、1年後も、まだ、幸せ(豊か)になっていない。

もちろん、10年後も同じ。

ずっと「○○になりたい」と願いつづけ、その間、自分自身はビジョンを達成するために、努力しつづける。

これでは、潜在意識は混乱してしまうでしょう。

このような目標設定は、未来のために「いま」を犠牲にするというクセをつけてしまいます。

「有名になったら」「パートナーができたら」「豊かになったら」・・・いまの不満や欠乏感はなくなる。

そう考えて、じつは一番大事な「いまの自分」を超乱暴に扱う。

少しも大事にしない。

そんな生き方を一日したら、「いま」を犠牲にした一日になります。

その一日を1年、2年と積み重ねたら・・・。想像するだけで、ゾッとしますね。

_______

シンクロニシティ マネジメント

堀内恭隆 著

サンマーク出版