小林正観「タテヨコ不変」

banner02
縦横 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

《「10年たっても20年たってもどんなときでも(タテ)、年上に対しても年下に対しても誰に対しても(ヨコ)、同じ笑顔、同じ丁寧さを保ち続けること」。それが「タテヨコ不変」の意味。》

「タテヨコ不変」とは人格向上のための第一歩です。

「タテの不変」とは、10年ぶり、20年ぶりに会っても同じ笑顔、同じ親しさを保ち続けられるということです。

年がたてば、人はそれなりの“社会的立場”を背負うようになりますが、「偉そう」になったり、威張ったり、横柄になったりしないことがとても大事なことに思えます。

「ヨコの不変」とは、いまの自分を取り巻いている人に対して同じ態度や同じ笑顔を示し、それを保つということです。

目上の人や同僚だけでなく、目下の人や、出入りの業者さんにも丁寧に接するということです。

「ヨコの不変」を持っているかどうかは、次の3つの場合で見分けられます。

1.車を運転するとき

2.酒を飲んだとき

3.財力や権力を手に入れたとき

自分が有利な立場や優位に立ったときに急に態度が変わるのは「業(ごう)が深い」のだそうです。

そういう人は「業の修正」をしながら「喜ばれる存在」を目指していくことになるのでしょう。

『心を軽くする言葉』イースト・プレス