土地や財産は奪われることがあっても、知恵と人脈は奪えない

banner02
少女 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

苦難の歴史が続いたユダヤ人には、有名な教えがある。

「土地や財産は奪われることがあっても、知恵と人脈は奪えない」

虐待され、身ぐるみ剥がされ、投獄されても、知恵だけは牢獄のなかまで持ち込める。

国を追われ続けたユダヤ人だからこそ、もっとも投資するべきもの、最後まで信用できるものは知恵と人だと看破しているのだ。

財産をすべて奪われても、人には知恵が残っている。

たとえ会社が倒産しても、知恵さえあれば再びビジネスを始められる。

希望さえ失わなければ、その知恵を糧に、かならず復活できる。

プロスポーツ選手をめぐる残念なニュースを見るたび、彼らに必要だったのは何億円もの年俸ではなく、ごく基本的な知恵だったのではないかと考えてしまう。

本は、知恵にアクセスするための素晴らしいツールだ。

たとえ学校に通うお金や機会がなくても、私たちには読み切れないほどの本がある。

野口悠紀雄氏の著書『「超」納税法』(新潮文庫)には、興味深い考察が述べられていた。

「知識には税金がかからない」

これは驚くべき発見だ。

知識は固定資産に近い性格を持っているのに、土地持ちは課税されても、「知識持ち」は課税されない。

そもそもどれだけ保有しているか測りようがないのだから、税務署だって把握できない。

でも、知識の有無によって、お金を稼ぐ力は数倍、数十倍はちがう。

_______

一流の人は、本のどこに線を引いているのか

土井英司 著

サンマーク出版より