対立は争いではなく〇〇


対立は争いではない。

「自分がどれほど相手を大切にし、思いやりを持ち、

支援もして、お互いの関係がどれほど絶対的に素晴らしいものであっても、

対立は起こるのですよ」

とよく講座の中で口にします。

対立は、「問題」であり、解決できる。

対立を「争い」と定義すると、間違います。

争いには、勝つか負けるかしかありません。

対立に対しても、ほとんどの人はまったく同じに対応します。

ときには勝ち、ときには負けを経験し、

そこで求められる戦略は、負けを最小に抑える方法です。

しかしながら、

対立を「問題」として定義すれば扱い方が違ってきます。

問題は解決できるのですから。

(出典[ゴードン博士の人間関係をよくする本] トマス ゴードン 著 大和書房 より)